日産、自動運転技術を応用した"片付くイス"公開-神奈川県・横浜市で展示

日産自動車は、自動で自ら"定位置"に戻るイス「INTELLIGENT PARKING CHAIR」を発表した。同製品は2月19日~23日の期間、神奈川県・横浜市の日産グローバル本社ギャラリーにて実物が展示される。YouTubeには、動作イメージが分かるコンセプトムービーやメイキングムービーも公開された。

「INTELLIGENT PARKING CHAIR」

日産の車両搭載技術「インテリジェントパーキングアシスト」から着想

同製品は、駐車の際に自動でハンドルを操作してドライバーをサポートする、同社の車両搭載技術「インテリジェントパーキングアシスト」から着想を得て作られたイス。トップビューから位置を分析し、自動操舵により正確に移動位置をコントロールすることで、会議室等で散らかったイスが整然ともとの場所に収まるという。

ローラーを内蔵した脚部により自動操舵で360°移動できるイス本体と、イスに向けて移動位置を指示するシステムから構成され、イスが設置された室内の天井4箇所に設置した感知器がイスの現在地を特定し、コンピューターが元の位置に戻るための移動経路を計算し、それを無線でイスに伝えることで、それぞれのイスは自動的にあらかじめ指定した"駐車場所"(定位置)へと移動する仕組みになっている。

また、同製品の実物は、2月19日~23日までの5日間(各日10:00~20:00)、神奈川県・横浜市(最寄り駅は新高島町)の日産グローバル本社ギャラリー(1F)に展示される。会議室を模した特設展示ブースにはシステム及びイス本体を配置し、実際に「イスが自動で自ら定位置に戻る」様子を体験できるということだ

なお、YouTubeには、「INTELLIGENT PARKING CHAIR」の動作がわかるコンセプトムービーメイキングムービーが公開されている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事