バックアップ製品「Arcserve UDP」、富士通のクラウド「K5」に対応

 

富士通は2月17日、arcserve Japanが提供する統合バックアップ/リカバリ・ソリューション「Arcserve Unified Data Protection」が、同社のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」に対応し、同日より利用可能になったと発表した。

両社は、Arcserve UDPを富士通のデジタル・ビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」の中核商品であるK5上で動作させるための設計・検証を、2015年9月に開始し、K5に対応した最初のバックアップソリューションとして、Arcserve UDPが提供開始された。

Arcserve UDPを活用することで、K5上に構築した業務システムについて、 OSが稼働中の状態でバックアップが行え、自社内に構築したシステムから必要なデータをK5上へ2次バックアップすることが可能になる。

また、Arcserve UDPはドライブイメージからのファイル単位のリストア(復旧)や、顧客が任意の場所に構築したサーバへのバックアップデータの遠隔転送を標準機能として提供しており、時間従量料金の仮想サーバおよび容量従量料金のストレージを提供しているK5と合わせて利用することで、投資を抑えつつデータの保護から災害対策が行える。

K5は2016年度以降、海外での提供も予定しており、データのバックアップ先として海外を利用したいニーズにも対応していく。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

そそられないポンコツ淫魔のちょいエロコメディ、ジャンプ+で
[20:41 7/26] ホビー
[映画興行成績]「ONE PIECE」最新作が初登場で首位 興収11.5億円の好スタート
[20:30 7/26] エンタメ
夫婦のLINE 第128回 甘っちょろい戯言は抜きだ
[20:30 7/26] ライフスタイル
タイガが逆壁ドンジャンプ!南十字明日菜が描く「キンプリ」出張版がザ花に
[20:07 7/26] ホビー
スマホからの「welq」利用者急増で631万人に - ニールセン
[20:03 7/26] 企業IT