トーワ電機、小型筐体採用のワークステーション「APEXX1」シリーズ

  [2016/02/18]

トーワ電機は18日、米BOXX Technologies製ワークステーションの新モデルとして、小型軽量筐体を採用した「APEXX1」シリーズを発売した。

「APEXX1」シリーズ

軽量でメンテナンスしやすく設計・製造された独自の筐体を採用したワークステーション。W119×D229×H216mmの小型サイズながら、水冷クーラーにより、ハイエンドCPUやオーバークロックCPUの搭載が可能なほか、ロープロファイル対応のグラフィックスカードも取り付けることができる。

APEXX1 1400

APEXX1 1400のスタンダード構成は、CPUが動作周波数を4.4GHzまでオーバークロックした第6世代Intel Core i7プロセッサ、メモリがDDR4-2133 8GB(4GB×2)、ストレージが500GB SATA2 HDD、グラフィックスがIntel HD Graphics 530(CPU内蔵)、OSがWindows 7 Professional SP1 64bit。本構成の価格は税込365,148円から。

APEXX1 1600

APEXX1 1600のスタンダード構成は、CPUが動作周波数を4.4GHzまでオーバークロックした8コアのIntel Core i7プロセッサ、チップセットがIntel X99 Express、メモリがDDR4-2133 8GB(4GB×2)、ストレージが500GB SATA2 HDD、グラフィックスがNVIDIA Quadro K420 1GB、OSがWindows 7 Professional SP1 64bit。本構成の価格は税込716,796円から。

APEXX1 1800

APEXX1 1800のスタンダード構成は、CPUがIntel Xeon E5-1620 v3(3.5GHz)、チップセットがIntel X99 Express、メモリがDDR4-2133 8GB(4GB×2)、ストレージが500GB SATA2 HDD、グラフィックスがNVIDIA Quadro K420 1GB、OSがWindows 7 Professional SP1 64bit。本構成の価格は税込425,520円から。

人気記事

一覧

新着記事

[渡辺美奈代]ひざ上20センチ超ミニスカで「生涯アイドル」宣言!
[04:00 6/25] エンタメ
JR東海「N700S」東海道・山陽新幹線次期車両の確認試験車、2018年春完成へ
[02:16 6/25] ホビー
ドスパラ、自作PCセット「パーツの犬モデル」にVR向けのハイエンドモデル
[01:54 6/25] パソコン
人気声優の内田彩が「バナミュ」に参戦、アニメ好きの塚田僚一ら感激
[01:00 6/25] エンタメ
[ライフ2]史上最悪の殺人犯と闘う女刑事 話題の新連載開始
[00:00 6/25] ホビー