トーワ電機、小型筐体採用のワークステーション「APEXX1」シリーズ

  [2016/02/18]

トーワ電機は18日、米BOXX Technologies製ワークステーションの新モデルとして、小型軽量筐体を採用した「APEXX1」シリーズを発売した。

「APEXX1」シリーズ

軽量でメンテナンスしやすく設計・製造された独自の筐体を採用したワークステーション。W119×D229×H216mmの小型サイズながら、水冷クーラーにより、ハイエンドCPUやオーバークロックCPUの搭載が可能なほか、ロープロファイル対応のグラフィックスカードも取り付けることができる。

APEXX1 1400

APEXX1 1400のスタンダード構成は、CPUが動作周波数を4.4GHzまでオーバークロックした第6世代Intel Core i7プロセッサ、メモリがDDR4-2133 8GB(4GB×2)、ストレージが500GB SATA2 HDD、グラフィックスがIntel HD Graphics 530(CPU内蔵)、OSがWindows 7 Professional SP1 64bit。本構成の価格は税込365,148円から。

APEXX1 1600

APEXX1 1600のスタンダード構成は、CPUが動作周波数を4.4GHzまでオーバークロックした8コアのIntel Core i7プロセッサ、チップセットがIntel X99 Express、メモリがDDR4-2133 8GB(4GB×2)、ストレージが500GB SATA2 HDD、グラフィックスがNVIDIA Quadro K420 1GB、OSがWindows 7 Professional SP1 64bit。本構成の価格は税込716,796円から。

APEXX1 1800

APEXX1 1800のスタンダード構成は、CPUがIntel Xeon E5-1620 v3(3.5GHz)、チップセットがIntel X99 Express、メモリがDDR4-2133 8GB(4GB×2)、ストレージが500GB SATA2 HDD、グラフィックスがNVIDIA Quadro K420 1GB、OSがWindows 7 Professional SP1 64bit。本構成の価格は税込425,520円から。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

iiyama PC「SENSE∞」、Quadro M4000搭載のクリエイタ―向けミドルタワーPC
[19:43 5/30] パソコン
ランサムウェアがもっとも攻撃者にとって有効になる業界は? - McAfee Blog
[19:36 5/30] 企業IT
【レポート】Windows 10の要件変更でピンチになるのは誰? - 阿久津良和のWindows Weekly Report
[19:20 5/30] パソコン
OL3人が官能的な表情で肉料理を食べまくる「肉女のススメ」1巻
[18:34 5/30] ホビー
勝地涼が「赤シャツ」の孫役で主演『“くたばれ”坊っちゃん』
[18:30 5/30] エンタメ

特別企画 PR