トーワ電機、小型筐体採用のワークステーション「APEXX1」シリーズ

 

トーワ電機は18日、米BOXX Technologies製ワークステーションの新モデルとして、小型軽量筐体を採用した「APEXX1」シリーズを発売した。

「APEXX1」シリーズ

軽量でメンテナンスしやすく設計・製造された独自の筐体を採用したワークステーション。W119×D229×H216mmの小型サイズながら、水冷クーラーにより、ハイエンドCPUやオーバークロックCPUの搭載が可能なほか、ロープロファイル対応のグラフィックスカードも取り付けることができる。

APEXX1 1400

APEXX1 1400のスタンダード構成は、CPUが動作周波数を4.4GHzまでオーバークロックした第6世代Intel Core i7プロセッサ、メモリがDDR4-2133 8GB(4GB×2)、ストレージが500GB SATA2 HDD、グラフィックスがIntel HD Graphics 530(CPU内蔵)、OSがWindows 7 Professional SP1 64bit。本構成の価格は税込365,148円から。

APEXX1 1600

APEXX1 1600のスタンダード構成は、CPUが動作周波数を4.4GHzまでオーバークロックした8コアのIntel Core i7プロセッサ、チップセットがIntel X99 Express、メモリがDDR4-2133 8GB(4GB×2)、ストレージが500GB SATA2 HDD、グラフィックスがNVIDIA Quadro K420 1GB、OSがWindows 7 Professional SP1 64bit。本構成の価格は税込716,796円から。

APEXX1 1800

APEXX1 1800のスタンダード構成は、CPUがIntel Xeon E5-1620 v3(3.5GHz)、チップセットがIntel X99 Express、メモリがDDR4-2133 8GB(4GB×2)、ストレージが500GB SATA2 HDD、グラフィックスがNVIDIA Quadro K420 1GB、OSがWindows 7 Professional SP1 64bit。本構成の価格は税込425,520円から。

人気記事

一覧

新着記事

Windows 10ミニTips 第122回 スリープ復帰時のパスワード入力設定はどこへ?
[12:04 10/1] パソコン
TVアニメ『うどんの国の金色毛鞠』、10月放送開始! 第1話場面カットを紹介
[12:00 10/1] ホビー
『魔法つかいプリキュア!』、第35話の場面写を公開! 新キャラ役にニーコ
[12:00 10/1] ホビー
[SCOOP!]福山雅治が中年パパラッチ役で新境地 陰と陽のバランスが絶妙なエンタメ作
[11:40 10/1] エンタメ
どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第24回 こんな被害に遭ったことある?
[11:30 10/1] 読者プレゼント