阿部寛、鬼気迫る表情で吠える! エヴェレストに取り憑かれ「死ねばゴミだ」

 

俳優の阿部寛がV6・岡田准一と共演する映画『エヴェレスト 神々の山嶺(かみがみのいただき)』(3月12日公開)の特別映像が18日、公開された。

映画『エヴェレスト 神々の山嶺』で羽生丈二を演じている阿部寛

作家・夢枕獏氏の小説『神々の山嶺(いただき)』を映画化した本作は、標高8,848メートル、氷点下50℃という極限の世界を舞台として、男たちが命を削って雪山に挑む物語。エヴェレスト史上最大の謎を追う野心的な山岳カメラマン・深町誠を岡田が、山岳史上初の挑戦にとりつかれた孤高の天才クライマー・羽生丈二を阿部が、それぞれ演じる。

公開された特別映像は、エヴェレストに憑りつかれた羽生の生きざまがセリフとなって映し出されるもの。目を潤ませながら山岳仲間に訴えかける「山やらなきゃ死んだも同じだろ」、極寒の雪山の中にもかかわらず生命力にあふれた表情を見せながらの「俺がここにいるからだ。俺がいるから、山に登る」など、常人にはとうてい理解し得ない言葉と鬼気迫る存在感から、人生すべてをエヴェレストに賭ける男・羽生の野心が垣間見える。

中盤では、山のためには仲間の犠牲もいとわない羽生を、かつてのザイルパートナー・井上が「山屋としては完璧だった。人間としては、最低だったけどね」と揶揄する姿も。そんな言葉を受けながらも、ライバルでエリート登山家の長谷(佐々木蔵ノ介)に対して「お前はスポンサーのために山に登ってるのか」と衝突したり、「生きて帰らなかったやつが頂上を踏んだかどうかはどうだっていい。死ねばゴミだ」と吐き捨てたりする場面が映しだされ、エヴェレストに異常なまでの執念を見せている羽生が、力強く描き出されている。

キャストとスタッフが実際にエヴェレスト現地5,200メートル付近で撮影を敢行し、10日間かけて高度順応しながら登って撮影に挑んだ本作。阿部は、現地での撮影を「体験したとしないでは全然(芝居が)違う」と話し、岡田も「日に日に阿部さんが火のような男になっていった」と絶賛したという。


(C)2016映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

東急電鉄「東急線アプリ」目的地までの所要時間実績を表示するサービス導入
[00:01 7/29] ホビー
[メイプル超合金・カズレーザー]CM初出演で“全身赤”封印 オレンジポロシャツで“パン田くん”とダンス共演
[00:00 7/29] エンタメ
[激マン!]永井豪の自伝的マンガ「キューティーハニー編」突入 主人公は女の子マンガ家
[00:00 7/29] ホビー
しりあがり寿、休館前パルコの展覧会で「ひとまずシメ」る立体作品飾る
[23:55 7/28] ホビー
阪急電鉄、西宮北口駅隣接地に「西宮北口阪急ビル」建設 - 2018年秋完成へ
[23:54 7/28] ホビー

本音ランキング