ラトック、Windows/Mac対応のPCIe x2 eSATAインタフェースカード

 

ラトックシステムは16日、WindowsデスクトップPCおよびMac ProにeSATAポート×2基を増設するインタフェースカード「REX-PE32X」を発表した。2月29日から発売する。価格は8,400円(税別)。

REX-PE32X

デスクトップPCのPCI Express x2~x16スロットに装着し、eSATAポート×2基を追加できるインタフェースカード。SATAコントローラに「ASM1062」を搭載し、実測値のスループットはSSDを接続した場合で280MB/s、HDD×2基のRAID 0構成で241MB/sとなる。

セットアップにはOS標準ドライバを使用。Windows環境ではホットプラグツールを使用することで、eSATAで接続する機器を自在に抜き挿しできる。ホットプラグツールはダウンロードで提供。1ポートに複数台のドライブを接続できるポートマルチプライヤーにも対応する。

ブラケットは標準サイズとロープロファイルの2種類が付属。本体サイズは約W70×L79mm、重量は約34g。対応OSはWindows 7 / 8 / 8.1 / 10、Windows Server 2008 R2 / 2012 / 2012 R2、Mac OS X 10.7~10.11。

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】好調のアイス市場を牽引する立役者は「昭和生まれ」の“中年”商品!?
[09:30 6/27] 経営・ビジネス
[おそ松さん]オールフリーのキャンペーン告知動画第6弾はトド松 夏のバイトを始める…
[09:00 6/27] ホビー
【コラム】航空機の技術とメカニズムの裏側 第23回 航空機の動力系統(10)エンジンの騒音低減
[09:00 6/27] 企業IT
外国人は日本人のお金の使い方、どう思う?
[09:00 6/27] マネー
【連載】イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第41回 編集もできるマイクロソフト公式アプリ「Microsoft Word」
[09:00 6/27] 企業IT