メッシがリーガ通算300得点達成…首位バルサが7連勝、2位と6差に

リーガ通算300得点を達成したメッシ [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第16節延期分が17日に行われ、スポルティング・ヒホンとバルセロナが対戦した。

 14日に行われた第22節で、セルタに6-1と大勝したバルセロナ。中2日で迎える一戦では、先発メンバーを5名変更した。最終ラインにスペイン代表DFアレイクス・ビダルと元ブラジル代表DFアドリアーノ・コレイア、フランス代表DFジェレミー・マチューを起用。中盤にクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチとトルコ代表MFアルダ・トゥランを並べた。そのほか、前線ではアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの“MSN”が揃って先発メンバーに名を連ねている。

 バルセロナのルイス・エンリケ監督がリーガ・エスパニョーラでの自身通算100試合目の指揮を迎えた節目の一戦。20分、ネイマールがペナルティーエリア左手前でボールを持つと、斜めのスルーパスを通す。走り込んでいたスアレスが合わせたが、相手GKとの1対1を阻まれて先制点とはならなかった。

 均衡が破られたのは25分、リーグ戦通算300得点に王手をかけていたメッシが、ついに記録を達成した。ペナルティーエリア手前で前を向くと、正確な左足シュートをゴール左隅へと届けた。メッシの記念すべきゴールで、バルセロナが先制点を挙げた。

 しかし喜びもつかの間、バルセロナは2分後に同点に追いつかれる。右サイドを崩され、最後はグラウンダーのクロスに反応したカルロス・カストロに押し込まれた。

 それでもバルセロナは、4分後に勝ち越し。決めたのはまたもメッシだった。31分、ペナルティーエリア右奥のスペースへ浮き球のパスを出し、スアレスが反応。ポストプレーからのリターンパスを受けると、左足アウトサイドで浮かせたシュートでニアサイドを射抜き、ゴールネットを揺らした。

 攻撃の手を緩めないバルセロナは33分、メッシがペナルティーエリア手前からのシュートで3点目を狙ったが、GKイバン・クエジャルにセーブされる。こぼれ球を拾ったネイマールが狙いすました右足シュートは、惜しくも右ポストを直撃した。追加点こそ奪えなかったが、バルセロナが1点リードで前半を終えた。

 2-1で迎えた後半、次の決定機はバルセロナのものだった。61分、最終ラインからのロングフィードに反応したネイマールがゴールライン際まで進入すると、飛び出してきたGKクエジャルに倒されてPKを獲得。スアレスがゴール左隅へ蹴り込んだが、GKクエジャルに弾き出され、3点目を挙げることはできなかった。

 しかし4分後、スアレスが名誉挽回のゴールを決める。66分、ペナルティーエリア右側でボールを持つと、鋭い反転から左足を一閃。カーブを巻いたシュートがファーサイドのポストに当たってゴールへ吸い込まれた。

 試合は3-1で終了。バルセロナが敵地で快勝し、年明け後のリーグ戦は7戦全勝となっている。未消化だった今節を終え、2位アトレティコ・マドリードとの勝ち点差は「6」に広がった。なお、バルセロナは公式戦無敗記録を31に更新した。

 バルセロナは次戦、20日の第25節でラス・パルマスとアウェーで対戦。スポルティング・ヒホンは同日、ベティスとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
スポルティング・ヒホン 1-3 バルセロナ

【得点者】
0-1 25分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
1-1 27分 カルロス・カストロ(スポルティング・ヒホン)
1-2 31分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
1-3 67分 ルイス・スアレス(バルセロナ)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事