トマトのなかにはブルーチーズが♪ 恵比寿で味わう「丸ごとトマトのチーズフォンデュ」

 

トマトのなかにはブルーチーズが♪ 恵比寿で味わう「丸ごとトマトのチーズフォンデュ」

JR山手線の恵比寿駅西口から徒歩4分、少し広い道路に面して建つ、一面ガラス張りのおしゃれなレストラン「ザ・ラトリア・テーブル・ハース」。チーズフォンデュとガレットが自慢のフレンチビストロです。

店内へ足を踏み入れると、シンプルでナチュラルなインテリアの、居心地のよさそうな空間が広がっていました。

ここを訪れるお客さんのほとんどが女性とのこと。各席にひざ掛けと荷物入れが備えられているのもうれしい心遣いです。

「ザ・ラトリア・テーブル・ハース」では、フランスのミシュラン星付きレストランで5年間修行した福士シェフが、メニューやレシピ作りを担当されているそう。本場仕込みで、使う食材にもこだわった、おいしいお料理が味わえます。

まずは「丸ごとトマトのチーズフォンデュ~ブルーチーズ入り~(6種のフレッシュ野菜+パン)」(1950円)。

スイス産グリュイエールチーズを使ったソースの中に、赤いトマトが丸ごと入った、見た目がインパクト大のフォンデュ。このソースには白ワインのほかに、ブランデーを入れてコクを出しているそうです。

煮ているうちにトマトに火が通り、やわらかくなってきます。
ある程度ソースを食べてから、お店の人にお願いしてトマトを崩してもらうのがおすすめです。

実はこのトマトの中に、ブルーチーズが詰めてあるんです。トマトを崩すと、その酸味とブルーチーズが混じり合い、さっぱりしているのにしっかりした満足度の高い味に。
その変化がとっても楽しい、最後まで飽きのこないチーズフォンデュです。

具はパンと野菜だけでなく、「チキンと厚切りベーコン」や、「サーモンとエビ」をプラスした、ちょっと豪華なセット(各2080円)もあります。
また、もうちょっと食べたいな……というときには、チーズや具を少しずつ追加できる(有料)のもうれしいサービスです。

このお店のもうひとつの自慢である、ガレットも、ぜひ試してみたいお料理です。

そば粉は北海道・多度志産のそば粉を石臼で挽いたもの。手間をかけて一晩寝かせているため、余計なつなぎは一切使っていないそうです。

ガレットは常時15種類もあり、どれにしようか思わず迷ってしまうほど。シードルやワインを合わせていただきましょう。

お得感のあるランチメニューも充実しています。

平日限定のメニューには、10食限定の肉のランチ(1000円)、サラダのランチ(980円)、ガレットランチ(1000/1280/1380円)などがあります。すべてドリンク付きで、サラダランチ以外はオードブルの盛り合わせまたはサラダ付き。ガレットランチにはさらにスープも付くというコスパのよさです。

セットメニューの種類が豊富だったり、フォンデュの具などを追加できたり、何度通ってもうれしい発見ができそうなお店。
いろいろな場面で活躍してれるに違いありません。


本記事は「ことりっぷ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

フォントにそれで大丈夫? イチから学ぶWebフォント講座 第1回 文字とは、書体とは、フォントとは
[08:00 10/1] 企業IT
松本人志『ワイドナショー』原点語る「たたかれた芸能人をフォローできる番組に」
[08:00 10/1] エンタメ
コントロールセンターを表示すると微妙に振動します!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 10/1] スマホとデジタル家電
部屋中の家電をこれ1台で操作 - ソニーの「HUIS」は"育てる"リモコンだった
[08:00 10/1] スマホとデジタル家電
鉄道トリビア 第373回 2つの列車の運転士が同じ名前という理由で起きた大事故がある
[07:50 10/1] ホビー