アイ・オー・データ、USB Type-CからD-Sub出力するグラフィックスアダプタ

リアクション  [2016/02/17]

アイ・オー・データ機器は17日、USB Type-C DisplayPort Alt Modeに対応したグラフィックアダプタ「US3C-DA/RGB」を発表した。3月上旬から発売する。価格は4,100円(税別)。

US3C-DA/RGB

PCのUSB Type-Cポートに接続し、画面を外部出力するグラフィックアダプタ。大画面の液晶ディスプレイやプロジェクタを使った会議でのプレゼンに最適としている。

使用イメージ

PC接続側はUSB Type-C

映像出力側はD-Sub

使用できるのはDisplayPort Alt Modeに対応したUSB Type-Cを搭載する機器に限られ、最大2,048×1,142ドットの解像度に対応。ノートPCなどに接続することでマルチディスプレイ環境も構築できる。

映像出力インタフェースはD-sub×1。本体サイズは約W27×D15×H70mm、重量は約30g対応OSはWindows 8.1 / 10、Mac OS X 10.10~10.11。なお、アイ・オー・データ機器のサポートサイトによると、発表時点での対応機種は、MacBook(Retina, 12-inch, Early 2015)のみとなっている。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

ヤマハ、エントリー機ながらDolby AtmoやDTS:Xに対応するAVレシーバー
[21:59 5/24] 家電
[清水富美加]「HK/変態仮面アブノーマル・クライシス」ヒロインの魅力は「清純という名のエロス」
[21:44 5/24] エンタメ
安野モヨコ「鼻下長紳士回顧録」イメージした女性服が伊勢丹に
[21:31 5/24] ホビー
新たな完全ワイヤレスイヤホン「Aria One」 - e☆イヤホンで先行販売
[21:09 5/24] 家電
ジョニデ、アン・ハサウェイ『アリス・イン・ワンダーランド』USプレミア登場
[21:03 5/24] エンタメ

特別企画 PR