米IT企業家が50kgの減量に成功した「バターコーヒーダイエット」とは?

 

オーガニックの良質なコーヒーを使用する(イメージ)

サニーヘルスはこのほど、ダイエット情報発信サイト「microdiet.net」にて、調査レポート「あの完全無欠ダイエットは本当に痩せる? ブームになるかバターコーヒーダイエット」を公開した。

「バターコーヒーダイエット(完全無欠ダイエット)」とは、アメリカのIT企業家で『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』の著者であるデイヴ・アスプリー氏が提唱する健康法。同氏は、このダイエット法によって140kgあった体重が90kgになるなど、50kgもの減量に成功したという。

また、減量だけではなく、脳のパフォーマンスも向上し、IQが20アップしたとのこと。それらが話題となり全米でブームとなっている。

同ダイエット方法は非常にシンプル。1杯のコーヒーに、バター30gと「MCTオイル」(ココナッツオイルから抽出した中鎖脂肪酸オイル)を大さじ1~2杯程度入れたものを朝食として飲むことだという。著書ではコーヒーの健康効果として、認知機能の衰えを軽減させること、腸内フローラの餌となり腸内環境のバランスを改善すること、体脂肪の蓄積を防ぐことを挙げている。

このダイエットで大切なことは、使用するコーヒーとバターの質だという。普通のコーヒーとバターではなく、オーガニックの良質なコーヒーに、牧草飼育牛から作られた無塩の「グラスフェッドバター」を用いることが効果を上げるために必要な条件とのこと。

「グラスフェッドバター」には必須脂肪酸が多く含まれている(イメージ)

日本で生産されている普通のバターは、穀物中心の飼料(グレインフェッド)で育った牛のミルクから作られている。そのバターとグラスフェッドバターとの栄養素のバランスはあまり差はなく、両方ともカロリーは100gあたり732kcal程度で、そのほとんどが脂質だという(脂質81%程度)。

では、何が異なるのかというと、著書では「油の質」が違うと説明している。普通のバターは悪玉コレステロールを増やし成人病の原因となると言われる飽和脂肪酸が中心となっているのに対し、グラスフェッドバターは必須脂肪酸が中心で、抗酸化物質、ビタミン・ミネラルを多く含む質の良い油であるという。

同ダイエット法でバターのほかに用いるオイル「MCTオイル」は、中鎖脂肪酸を摂取でき、中性脂肪になりにくいだけでなく減らす効果もあるとのこと。また、脂肪を脳のエネルギーにシフトさせるケトン体を生成し、脳機能も高めるとされている。コーヒーとこれらの脂肪は溶かし合わせることでエネルギーに変換されやすくなるが、別々に摂取しても同等の効果は得られないとのこと。

グラスフェッドバターが入手できない場合はココナッツミルク大さじ4杯で代用可能。MCTオイルはココナッツオイルで代用できるという。

なお同ダイエット法を取り入れるにあたり、同サイトでは「著者は身長193cm、体重140kgから90kgまで-50kgのダイエットに成功した点と、欧米人であるという点に注意してほしい」としている。体格も食文化も全く異なる日本人でも体重は減ると思われるが、バターを毎日摂(と)る点が個人の体質に本当に合うのかという見極めも大切だという。

「単純計算で毎朝約30gのバターをコーヒーに入れる生活を1カ月続けると、約1kgのバターを短期間で大量に摂取することになります。さまざまな文化・体質の違いを理解した上でお試しください」と同サイト。そのほか、同ダイエット法は、昼食や夕食についてもルールがあるため、それにのっとって試す必要もがある。

詳細は、microdiet.netの「あの完全無欠ダイエットは本当に痩せる? ブームになるかバターコーヒーダイエット」で解説している。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

"ぽっちゃり体形"のボーダーを外国人に聞いた ‐ 「出川哲朗はまだ普通」
[16:25 6/29] ヘルスケア
ゴジラが池袋に襲来!? サンシャインシティに4.8m巨大足フォトスポット登場
[16:25 6/29] ホビー
乗り換えの情報だけじゃない。駅すぱあとの「駅すぱモール」がスタート
[16:23 6/29] 企業IT
さくらインターネット、モリサワのWebフォントをサーバ利用者に無料提供
[16:18 6/29] 企業IT
ドラッグストアで興味を持った物は何? - 日本在住外国人に聞いてみた
[16:12 6/29] ヘルスケア