Firefox、4月にリリースするバージョンでメモリ使用量10%~20%増加

 

Firefox web browser - Faster, more secure & customizable

Mozillaは2016年4月にリリースが予定されているFirefox安定版の最新版(Firefox 46)で、マルチプロセスアーキテクチャの機能を導入する計画でいることがわかった。Firefoxにおけるマルチプロセスアーキテクチャへの取り組みは2009年に始まっているが、同機能の導入は何度も延期され、最終的に7年ほどかけてのリリースとなる見通し。この機能の導入によって、Firefoxが使用するメモリ容量が10%から20%ほど増加する可能性があるため注意が必要

Firefox 46においてどの程度メモリの使用量が増えるかはユーザーの使い方にも依存しているが、概ね10%から20%ほどになるだろうということが、ソフトウェア開発者であるEric Rahm氏が公開したブログ記事「Memory Usage of Firefox with e10s Enabled」で示されている。Eric Rahm氏はFirefoxにおけるメモリ使用量の削減や効率の向上などに取り組むmemshrinkのグループメンバーとして活動している。

Webブラウザを単一のプロセスとしてではなく複数のプロセスに分割して動作させるという取り組みはGoogleがChromeで取り組んだことで大きく注目されるようになり、他のブラウザも似た取り組みを行うようになった。このやり方はマルチプロセス・アーキテクチャと呼ばれており、セキュリティや安定性の向上に効果があるとされているほか、マルチコア/メニーコアの効果的な利用、長期にわたってWebブラウザを使い続けた場合におけるメモリの解放などにも利点があるとされている。

一方、単一のプロセスで動作している場合と比較して、メモリの使用量が増える傾向にあることも指摘されている。MozillaはこれまでFirefoxのメモリ利用を効率化するとともに使用量を削減する取り組みを続けていた。また、マルチプロセス・アーキテクチャを導入する前の段階で処理を並列化させる取り組みを導入するなど、マルチコア/メニーコアを活用するための機能の導入なども実施している。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

山田孝之、映画『ジョジョ』史上最低の殺人鬼役に「たぶん素に近い」
[15:50 9/28] エンタメ
メルセデス・ベンツ、クラス初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」発売
[15:47 9/28] テクノロジー
JPCERT/CC、OpenSSLの脆弱性に注意喚起
[15:46 9/28] 企業IT
トヨタ「C-HR」新型コンパクトSUV、日本仕様の概要を初公開 - 年末に発売へ
[15:42 9/28] ホビー
シスコ、1万円台の無線LAN APなど、「Cisco Start」のラインナップを拡充
[15:40 9/28] 企業IT

求人情報