ソニー、約2.5万円のアクションカム「HDR-AS50」 - ブレ補正機能強化

ソニーは2月17日、エントリー向けのアクションカム「HDR-AS50」を発表した。発売は3月4日で、価格はオープン。推定市場価格は税別25,000円前後。新型ライブビューリモコン「RM-LVR2」を同梱したキット「HDR-AS50R」(推定で税別40,000円前後)も用意する。

HDR-AS50

HDR-AS50R

HDR-AS50は、有効1,110万画素のExmor R CMOSセンサー、画像処理エンジンBIONZ X、広角18.4mm (35mm判換算) のZEISSテッサーレンズを搭載した、フルHDアクションカム。1080/60pの動画撮影が可能なほか、720/120pの高速撮影、XAVC S/50Mbpsの高画質撮影にも対応する。また、ブレ補正機能を前モデル(HDR-AZ1)の約3倍に強化している。

Bluetoothを新たに内蔵したことで、ライブビューリモコンのRM-LVR2やスマートフォンからHDR-AS50の電源オン/オフが可能に (録画開始などの操作はWi-Fi経由のみ)。60m防水対応のハウジング「MPK-UWH1」が標準で付属する。HDR-AS50の静止画800万画素インターバル撮影機能と、PCソフト「Action Cam Movie Creator」を組み合わせれば、4K画質のタイムラプス映像を作成することもできる。

手に持ったところ。サイズ感の参考に

本体上部には電源キーが追加された。従来モデルでは液晶画面のメニューから電源オフの操作が必要だった

本体サイズと撮影時の重量は、W24.2×H47.0×D83.0mm/約83g。充電はUSB経由。記録メディアは、メモリースティックマイクロもしくはmicroSD/SDHC/SDXCカード(128GBまで対応)。2chステレオマイクの搭載は前モデルと同様。一方、前モデルが備えていたGPSやNFC、本体の防滴仕様は省かれている。ちなみに、ボディカラーを前モデルのホワイトからブラックに変更したのは、防滴仕様ではないことを示す意味合いもあるとのことだ。

本体底面に三脚用のネジ穴を設けた。従来モデルは三脚アダプターを介していた。microSDカードスロットもこちらに

新型ライブビューリモコン「RM-LVR2」。従来のリモコンから約30%コンパクトになった。付属のアタッチメントやリストバンドを使って、自転車のハンドルや自分の手首に装着できる

60m防水対応のハウジングが付属

クリックで拡大と連続表示

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事