日立システムズ、製造業向けに在庫・入出庫状況を見える化するサービス

 

日立システムズは2月16日、カシオと協業し、中堅・中小規模製造業向けに、自社工場や協力会社の工場、倉庫などに点在する製品の在庫状況・入出庫状況をリアルタイムで可視化するサービスを同日から販売開始すると発表した。

同サービスは、カシオのハンディターミナル、サイボウズのクラウドサービス「kintone」を活用し、日立システムズが提供する日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」のオプションサービスとして提供する。

具体的には、自社工場だけでなく、ネットワークがつながっていない委託先工場や倉庫からも、カシオのハンディターミナル「DT-X200/DT-X100/IT-G500」を使って製品のバーコードなどを読み取るだけで、インターネットとクラウドサービス「kintone」を通じて「FutureStage」の在庫データにリアルタイムで入出庫情報や製造実績を反映できるようになる。

これにより、電話やFAXなどによる煩雑なやり取りが不要になるほか、正確かつ迅速な在庫状況の見える化を実現する。

また、発注側が「FutureStage」を既に利用している場合、同サービス導入に必要な費用は、「FutureStage」のオプションサービス費用と、クラウドサービス「kintone」の月額利用料、カシオのハンディターミナルの購入費用、インターネット環境の費用だけで済むため、発注側、委託先の双方とも大きな投資をせずに導入可能となっている。

運用イメージ

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】VRコンテンツの作り方 [6] UnityでHTC Vive用アプリを作る(3) 重力を設定、オブジェクトを持ち上げる
[09:49 7/1] 企業IT
働く既婚男女が「仕事着」にかける金額は?
[09:47 7/1] マネー
【特別企画】またもや企業から個人情報大量流出…原因は標的型攻撃?
[09:30 7/1] 企業IT
【コラム】Windows 10ミニTips 第95回 デスクトップのアイコンサイズを変更する
[09:01 7/1] パソコン
[ジュード・ロウ]小栗旬の桃太郎CMに出演へ
[09:00 7/1] エンタメ