ベンフィカの新星MFを狙うマンU…就任噂のモウリーニョが獲得を指示か

CLゼニト戦にフル出場したレナト・サンチェス(左) [写真]=Getty Images

 ベンフィカに所属するU-19ポルトガル代表レナト・サンチェスに、マンチェスター・Uが関心を示している。スペイン紙『アス』が報じ、イギリス紙『エクスプレス』が16日付で伝えた。

 ベンフィカの下部組織出身の生え抜きで、今シーズンは公式戦18試合に出場して2得点を記録しているR・サンチェス。ベンフィカは同選手の違約金を4600万ポンド(約76億円)に設定していると見られているが、レアル・マドリード、バイエルン、ユヴェントスなどのビッグクラブが獲得に関心を持っていると報じられている。

 現在はレアル・マドリードが争奪戦を一歩リードしているものの、マンチェスター・Uは移籍金3000万ポンド(約50億円)にボーナス1500万ポンド(約25億円)を加えたオファーをベンフィカに提示した模様。『アス』によると、マンチェスター・Uの指揮官就任が噂されているジョゼ・モウリーニョ氏が、R・サンチェス獲得への打診を指示したという。

 12日に行われたポルトガルリーグ第22節のポルト戦で先発したR・サンチェスは、ギリシャ代表FWコンスタンティノス・ミトログルの先制点をアシストしたものの、ベンフィカは1-2で逆転負けを喫した。マンチェスター・Uのスカウトは同試合の視察に訪れ、R・サンチェスのプレーをチェックしていたと報じられている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事