鈴木大輔、スペイン2部クラブと契約…ヒムナスティック・タラゴナに加入

 

ヒムナスティック・タラゴナと契約を結んだ鈴木大輔(右) [写真]=Getty Images

 スペイン2部に所属するヒムナスティック・タラゴナは16日、DF鈴木大輔との契約締結を発表した。契約期間は今シーズン終了まで。クラブの公式HPが伝えている。

 クラブ公式HPによると、鈴木はメディカルチェックを通過して契約にサインした。鈴木は今月8日から同クラブの練習に参加。ビセンテ・モレノ監督の下で入団テストを受けると伝えられていた。

 鈴木は1990年生まれの26歳。星稜高校を経て、2007年にアルビレックス新潟に加入した。2013年に柏へ移籍し、3シーズンに渡ってプレー。2015シーズンは、明治安田生命J1リーグで全34試合に出場し、3得点を記録。昨年11月、ラージョ・バジェカーノが今冬の移籍市場で獲得に動くとスペインの各メディアに報道され、今年1月には柏退団が発表されたが、今冬の移籍市場では新天地が決まっていなかった。

 ヒムナスティック・タラゴナは今シーズン、リーガ・エスパニョーラ2部で25試合を終え、勝ち点41で4位につけている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

大ヒット映画『シン・ゴジラ』の”女性限定鑑賞会議”とは?
[17:00 8/25] エンタメ
Dialog、TSMC 650V GaN on Siプロセスを採用したパワー半導体を発表
[16:56 8/25] テクノロジー
iCloudの空きが減ってきたときは「ダイエット」で対応!
[16:51 8/25] スマホとデジタル家電
【特別企画】スマホに特化したマンガコンテンツ – タテコミの魅力とは?
[16:48 8/25] エンタメ
親の経済力は子が食べる食品に"格差"を生む - 厚労省の乳幼児栄養調査
[16:34 8/25] ヘルスケア