アルゼンチンで悲劇…選手がレッド提示の主審を射殺、犯人は逃走中

 

 16日付のイギリス紙『インデペンデント』によると、アルゼンチンで行われたアマチュアの試合中、主審が射殺される事件が発生したという。

 同紙によると、被害者は48歳のセザール・フローレス氏。レッドカードを提示された選手が判定に激怒し、鞄から銃を取り出すと、フローレス氏の頭、首、胸に向けて発砲。別の選手も胸に銃弾を受けたが、命に別条はない模様。

 地元警察は事件に関し、「全てが試合中に起こり、レフェリーに何があったのか把握できていない。ただ、選手が怒って銃を取りに行き、射殺に至ったようだ」と声明を発表。犯人は逃走中で捜査を続けているという。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[DEATH NOTE]今夏USJで開催の脱出ゲーム 映画最新作の竜崎が“登場”
[21:22 6/29] エンタメ
[鈴木保奈美]18年ぶり連ドラ主演 バツイチのキャリアウーマンに
[21:19 6/29] エンタメ
ももクロ、LIVE BD&DVD発売記念!「今宵、ライブの下で」のトレンディMV公開
[21:00 6/29] エンタメ
[ローランド・エメリッヒ監督]スカイツリーで会見 「インデペンデンス・デイ」続編製作の理由明かす
[20:59 6/29] エンタメ
ゲーム動画をスマホで録画できるHDMIキャプチャユニット、上海問屋から
[20:50 6/29] 家電