ルネサス、3Dグラフィックス・クラスタに特化した車載用SoCをサンプル出荷

神山翔  [2016/02/16]

ルネサスエレクトロニクス(ルネサス)は2月16日、グラフィックス・インスツルメント・クラスタ・システムをターゲットとした車載用SoC「R-Car D1」のサンプル出荷を同日より開始すると発表した。

同社はこれまで、ハイエンドなコクピットシステム向けに高性能なHMIを実現する「R-Carファミリ」を展開しており、ミッドレンジクラス、エントリクラス向けには、ゲージ制御も可能な「RH850/D1x」を提供している。

新製品「R-Car D1」は、3Dグラフィックス・クラスタ・システムに特化しており、3Dクラスタ・システムで必要となる3D表示機能、高速起動、機能安全・セキュリティを実現している。また、さまざまな通信・ネットワークに対応しているためシステムの柔軟性に優れ、設計も容易であるほか、2Dグラフィックスクラスタ向け「RH850/D1x」の開発資産の活用が可能だ。

サンプル価格は5000円(税別)。量産は2017年3月から開始し、2018年3月には月産10万個を計画している。



IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

伊勢志摩サミット、中部空港に到着する各国首脳をMIRAIとMRJがおもてなし
[10:10 5/25] 趣味
日本ボールドウィンがMSのERPを導入 - データの一元管理を実現
[10:00 5/25] 企業IT
【コラム】どこでもサイエンス 第77回 増やせばワカルDNA - 「PCR」のお話
[10:00 5/25] テクノロジー
ピュア・ストレージ、オールフラッシュファイルストレージを発表
[09:57 5/25] 企業IT
DDoSの脅迫に屈するな! 従えばエスカレート! - 情報セキュリティEXPO 春
[09:30 5/25] 企業IT

特別企画 PR