日本ユニシス、Office 365の運用支援と保守サービスを提供

 

日本ユニシスとユニアデックスの日本ユニシスグループは2月16日、日本マイクロソフトの統合型情報共有クラウドサービス「Microsoft Office 365」を活用する企業を対象に提供している「Office 365エンタープライズサービス」に、「運用支援サービス」「保守サービス」を追加し、提供開始した。

2015年7月に提供開始した「アセスメントサービス」「導入・構築支援サービス」「展開支援サービス」に、「運用支援サービス」「保守サービス」を合わせることにより、Office 365活用のアセスメントから運用支援・保守までの総合的なサービスが提供可能になる。

「Office365エンタープライズサービス」の概要

運用支援サービスの提供範囲は、Office 365テナント、Office 365 ProPlus、Office 365 テナントと連携するオンプレミスのサーバ群。

これらについて、「エンドユーザーやシステム管理者からの問い合わせ対応(電話による受け付け、電話・電子メールによる回答)」「システム運用(Office 365テナントやサーバーの監視、月次報告、証明書更新、日本マイクロソフト発行のOffice 365更新情報の提供など)」「業務運用(Office 365の各オンラインサービスの管理など、お客さま企業ごとに個別対応、オプション)」を提供する。

保守サービスでは、管理者向けにOffice 365から顧客環境までの障害発生ポイントの切り分け、Office 365テナントの状況調査など、復旧作業を支援する。また、Office 365の技術質問、障害対応の技術支援を日本マイクロソフトと連携して対応する。

Windows Serverの保守サポートを契約している企業については、Office 365テナントとオンプレミス環境の連携機能もワンストップで対応可能。

「運用支援サービス」および「保守サービス」の概要

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

プリンスの自宅ツアー、10月から開始予定
[11:12 8/27] エンタメ
森保一、意外な育成術が明らかに『プロフェッショナル』が密着
[11:00 8/27] エンタメ
[深水元基]「真田丸」“猛将”福島正則役 素顔は「酒に弱く」小日向文世に本気ビビり
[11:00 8/27] エンタメ
CEDEC 2016 - トップCGアーティストが華麗な実践テクニックを披露
[11:00 8/27] パソコン
イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第50回 必要な機能だけ追加できる高機能レコーダー「ディクタフォン」
[11:00 8/27] 企業IT