CFD販売、東芝製TLC NAND採用の2.5インチSSD 4モデル

  [2016/02/16]

CFD販売はこのほど、同社ブランド扱いの東芝製SSD新モデルを発表した。120GB / 240GB / 480GB / 960GBの4モデルを用意し、19日に発売する。現時点で価格は未定。

2.5 インチ/7mm厚の筐体を採用したスタンダードなSSDで、東芝製TLC NANDを採用。インタフェースとしてSATA 6Gbpsをサポートするほか、NCQ、TRIMといったコマンドに対応する。なお、コントローラは非公開となっている。

CFD販売が測定した転送速度は、120GBモデル「CSSD-S6T120NMG1Q」のシーケンシャルリードが551.4MB/s、シーケンシャルライトが474.2MB/s。

240GBモデル「CSSD-S6T240NMG1Q」のシーケンシャルリードが551.4MB/s、シーケンシャルライトが516.3MB/s。

480GBモデル「CSSD-S6T480NMG1Q」のシーケンシャルリードが551.0MB/s、シーケンシャルライトが511.5MB/s。

960GBモデル「CSSD-S6T960NMG1Q」のシーケンシャルリードが550.8MB/s、シーケンシャルライトが518.9MB/s(いずれも参考値)。

保障期間は3年。付属品として2.5-3.5変換マウンタを同梱するほか、ディスク高速化ソフト「SSD Turbo Boost」が利用できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ジョニー・デップの弁護士、アンバー・ハードのDV主張に反論
[08:30 6/1] エンタメ
Red Hat、「Ansible」最新板はコンテナ・Windows・Azureに対応
[08:30 6/1] 企業IT
Qualcomm、活動量計など省電力ウエアラブル向SoC「Wear 1100」発表
[08:18 6/1] 携帯
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - 世界初の17インチ2-in-1 PC「Inspiron 17 7000」、実機はかなりの存在感
[08:03 6/1] パソコン
【連載】鉄道ニュース週報 第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
[08:00 6/1] ホビー