ローム、Arduinoなどで加速度や気圧などの測定が可能となるセンサシールド

神山翔  [2016/02/16]

ロームは2月16日、ArduinoやLazurite、mbedなどのオープンプラットフォーム(汎用マイコンボード)で加速度、気圧、地磁気など8種類の情報を測定できるセンサシールド(拡張ボード)「SensorShield-EVK-001」を開発し、インターネットでの販売を開始すると発表した。

「SensorShield-EVK-001」は、すでに量産を開始しているロームグループのセンサ8製品をそれぞれ基板実装したものとオープンプラットフォーム接続用ボードをキット化したもの。電子工作分野で広く活用されているArduino Unoなどに接続し、ソフトウェアを組み込むことで、加速度を始めとした情報を測定することが可能となっている。同社は、同製品によりセンサデバイスの簡単評価、簡単導入によりIoT機器の開発工数を大幅に削減し、市場の拡大につなげることができるとしている。

なお、「SensorShield-EVK-001」は、2016年2月からチップワンストップ、コアスタッフの2社にて、インターネット販売を開始しているほか、同製品を使ってセンシングを実現するために必要な各種ドキュメント、ソフトウェアをWebサイトからダウンロードすることが可能となっている。

SensorShield-EVK-001

センサボードの詳細

関連キーワード


特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジョイゾー、kintone拡張「レコード一括更新プラグイン」を提供開始
[03:10 5/28] 企業IT
【レポート】GeForce GTX 1080が深夜販売 - 価格は税込10万円前後で初回入荷分はあっという間に完売
[01:19 5/28] パソコン
V6森田剛&三宅健の絆伝わるエピソードに感動の声「剛健尊い」「涙出た」
[00:40 5/28] エンタメ
TVアニメ『テラフォーマーズ リベンジ』、第9話のあらすじ&場面カット紹介
[00:14 5/28] ホビー
『ジョジョ』第4部、第9話の先行場面カット&あらすじを公開ッ!
[00:01 5/28] ホビー

特別企画 PR