東京スター銀行、ATMレシートを使って東北へ観光客誘致

 

東京スター銀行は2月15日~3月31日、東日本大震災の被災地復興支援を目的とした「おいでよ東北! 100万人お声がけキャンペーン」を実施する。

「おいでよ東北! 100万人お声がけキャンペーン」に際して、ATM前でデモを行う東京スター銀行 代表執行役頭取CEOの入江優氏

レシート裏面に東北4自治体の観光情報、旅先で特典も

同銀行ATMのレシート(利用明細票)裏面に、東北の観光情報、ゆるキャラ情報などが印字されるというもの。図柄は全9種類。陸前高田市(岩手県)、気仙沼市、南三陸町(宮城県)、いわき市(福島県)の4自治体が参加している。

このレシートを持って自治体の観光協会等を訪問すると、プレゼントなどの特典が用意されている。プレゼントはショッパーバッグ、お米、クリアファイル、ストラップなどで、自治体により異なる(いずれも個数限定)。

キャンペーン発表会で、同銀行 代表執行役頭取CEOの入江優氏は「このご利用明細が、次の旅行地を探す一つの道しるべとなることを期待しています」と挨拶した。

同銀行ATMは、全国45都道府県926カ所(2015年12月時点)に展開されている。全国の提携金融機関(都市銀行、信託銀行、地方銀行、第二地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、JA等)のキャッシュカードでも、平日8時45分~18時、土曜日9時~14時は引き出し手数料が無料(一部金融機関除く)。1カ月で延べ約100万人に利用されているという。

(左から)「おいでよ東北! 100万人お声がけキャンペーン」発表会に駆けつけた、岩手県陸前高田市 企画部商工観光課観光交流係長の佐々木武晴氏とたかたのゆめちゃん、宮城県気仙沼市 産業部観光課課長補佐兼観光係長の畠山勉氏と海の子 ホヤぼーや、東京スター銀行 代表執行役頭取CEOの入江優氏、福島県いわき市 商工観光部観光交流室観光振興課課長の千葉伸一郎氏とフラおじさん、宮城県南三陸町 産業振興課課長の髙橋一清氏とオクトパス君

また同期間、震災の記憶を風化させないことを目的に、全国32の本支店で写真展「東日本大震災を忘れない」も開催される。震災前、震災直後、そして復旧・復興に向かう被災地の写真など12点を展示するとのこと。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事