新体制10戦目で初勝利…決勝弾のバレンシアMF「これで落ち着ける」

 

エスパニョール戦で決勝ゴールを決めたMFチェリシェフ [写真]=Getty Images

 バレンシアを率いるガリー・ネヴィル監督が、待ちに待ったリーガ・エスパニョーラ初勝利をやっとの思いで収めた。現地13日に行われた第24節、バレンシアはホームでエスパニョールに2ー1で逆転勝利を収め、ネヴィル監督の就任から2カ月ならびに10試合目、チームとして3カ月ならびに13試合振りとなるリーグ戦の白星を手にした。

 この試合、両チーム無得点で迎えた後半立ち上がりの52分にCKから失点を喫したものの、71分にFWアルバロ・ネグレドが同点弾を決めると、続く76分にロシア代表MFデニス・チェリシェフが逆転弾を挙げたバレンシア。試合後の会見に臨んだネヴィル監督は、長いトンネルから抜け出せたことに胸をなで下ろした。

「この試合は安堵という言葉で表せるかも知れない。なぜなら、エスパニョールがどんどん前線にボールを放り込んできた最後の数分間は、本当に長く感じられたからだ。我々はいつもビハインドを背負ってしまうが、今日はこれまでと異なり逆転することができた。こういった勝利は大きい。しかし、ここまで13試合勝てなかったからといって、勝利を祝福している場合でも反撃を宣言している場合でもない。重要なのはこの試合で得た自信を生かして、一歩一歩しっかり戦って行くことだ」

 一方、レアル・マドリードでは不遇の時期を過ごしたものの、冬の移籍市場で加入したバレンシアでチームを救う救世主となったチェリシェフは、「フットボールの世界では状況が急転することがある。このゴールはハードワークを続けて行く活力になるだろう」と冷静に振り返りながら、解任も囁かれているネヴィル監督への揺るぎない信頼を強調した。

「僕らはネヴィル監督と心中するつもりでいる。余計な事は一瞬たりとも考えていない。今日は本当に苦しかったが、しっかりと耐えて白星を収めることができた。これで落ち着いて1週間過ごせるので、次の試合も勝利を味わえると信じている」


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

船越英一郎、亡き父が演じた役に挑戦 -『黒い十人の女』を連ドラでリメイク
[06:00 7/29] エンタメ
ソニー、電池事業を村田製作所に譲渡へ - 具体的な対象範囲は今後精査
[06:00 7/29] テクノロジー
うーさん 第9回 うさん
[06:00 7/29] ライフスタイル
山本舞香、髪をバッサリ切ってイメージ一新!蕎麦職人になりたい家出娘に
[05:00 7/29] エンタメ
[福士蒼汰]主演映画で大阪弁に挑戦 “やすきよ”漫才で勉強
[05:00 7/29] エンタメ