ワコム、プロによる線画に色を塗るコンテスト第3弾の結果発表- 第4弾も開始

 

ワコムは、イラストレーター高河ゆん氏が描いた線画に色を塗って投稿するコンテスト「塗りコンっ!!~DwWからの挑戦~」第3弾の最優秀作品1点・優秀作品1点と、同コンテスト第4弾の開催を発表した。

「塗りコンっ!!~DwWからの挑戦~」は、同社のYouTubeチャンネル「Drawing with Wacom」の特別企画として開催されたもので、毎回プロイラストレーターによる線画を題材に色を塗り、SNSなどに投稿して応募する。第3弾に選出されたのは、「LOVELESS」や「佐藤くんと田中さん -The blood highschool」などの作品で知られるマンガ家・高河ゆん氏。

審査は高河氏とワコムスタッフによって行われ、530作品の中から最優秀作品1点・優秀作品1点が決定された。最優秀賞はLokiさん、優秀賞はかじさん、および清瀬ゆずさんが受賞。ハイレベルな作品が多く投稿された中、最優秀賞のLokiさんの作品について高河ゆん氏は「ドラマチックで印象的です。構図も完璧^^雰囲気のある絵になっていて好きです!」と高く評価している。なお、Lokiさんには賞品として液晶ペンタブレット「Cintiq 13HD」が贈られる。

受賞作品については、同コンテストの結果発表ページにて見ることができる。また、同社が提供するコンテンツ「Drawing with Wacom」では、高河氏が液晶ペンタブレット「Cintiq 27QHD touch」を使って線画に色を塗り作品を仕上げる様子を撮影したムービーや、高河氏が幼少時代や絵を描き始めたきっかけ、イラストを制作する際に注意している点、現在の制作環境などについて語るインタビューが公開されている。

また、本日より同コンテストの第4弾が開始した。今回選出されたイラストレーターは、真田十勇士をモチーフとしたマンガ「BRAVE10」や、菊地秀行原作「魔界医師メフィスト」、森博嗣原作「すべてがFになる」のコミカライズを手がけるクリエイター・霜月かいり氏。

作品の応募方法は、線画ダウンロードページからダウンロードした、霜月氏によるオリジナル線画に色を塗り、自由に背景を描き込んで、TwitterおよびInstagram、またはワコム公式Facebook内の特設イベントページにハッシュタグ「#dwwからの挑戦」を付記して投稿するか、あるいは同コンテストの特設Webページ内に記載されているワコムキャンペーンアドレスにメールに添付して送信する。

なお、審査には霜月氏およびワコムスタッフにて行われ、優秀作品には液晶ペンタブレット「Cintiq 13HD」や、同キャンペーンオリジナルの霜月氏サイン入りポスターが贈られるということだ。作品応募期間は3月15日まで。結果発表は3月31日にキャンペーンサイトで発表予定となっている。

このほか、今すぐぬり絵ができない人にも、メールアドレス登録で霜月氏の描き下ろしポスターが抽選で5名様に贈呈されるキャンペーンも開催されている。申し込みは「塗りコンっ」プレゼントキャンペーンページより行う。

なお、YouTubeでは「塗りコンっ!!~DwWからの挑戦~」第4弾のティザー動画が公開されている。

人気記事

一覧

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス