IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2016」発表 - 1位はネットバンク不正利用

 

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は15日、2015年に発生したセキュリティ脅威のなかで、社会的に影響が大きい10事件を「情報セキュリティ10大脅威 2016」として選出した。

情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者など69組織108名による選考会の審議、投票を経て、19の候補から決定されたもの。従来、総合順位のみを発表していたが、今回から総合順位に加え、脅威の影響が異なることから、影響を受ける対象を[個人]と[組織]に分けた10大脅威も選出した。

「情報セキュリティ10大脅威 2016」の総合順位は下記の通り。1位は「インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用」で、2014年下半期に一旦減少したものの、2015年上半期には、信用金庫や信用組合等地域の金融機関に拡大し、被害が増大した。2位は、攻撃が巧妙化してきている「標的型攻撃による情報流出」。2015年6月に発生した日本年金機構の情報漏えいが代表的な事件となった。

■「情報セキュリティ10大脅威 2016」総合順位
1位 インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用
2位 標的型攻撃による情報流出
3位 ランサムウェアを使った詐欺・恐喝
4位 ウェブサービスからの個人情報の窃取
5位 ウェブサービスへの不正ログイン
6位 ウェブサイトの改ざん
7位 審査をすり抜け公式マーケットに紛れ込んだスマートフォンアプリ
8位 内部不正による情報漏えい
9位 巧妙・悪質化するワンクリック請求
10位 対策情報の公開に伴い公知となる脆弱性の悪用増加

「情報セキュリティ10大脅威 2016」の個人・組織別順位は下記の通り。[個人]の1位は、総合1位と同じ「インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用」。被害が信用金庫や信用組合など、地域の金融機関に拡大していることを受けて1位となった。[個人]2位は、「ランサムウェアを使った詐欺・恐喝」がランクイン。2015年の11位から急上昇したもので、国内での感染被害件数が急増したことが理由。

■「情報セキュリティ10大脅威 2016」個人別・組織別順位(カッコ内は総合順位)
個人別の順位 順位 組織別の順位
インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用(1位) 1位 標的型攻撃による情報流出(2位)
ランサムウェアを使った詐欺・恐喝(3位) 2位 内部不正による情報漏えい(8位)
審査をすり抜け公式マーケットに紛れ込んだスマートフォンアプリ(7位) 3位 ウェブサービスからの個人情報の窃取(4位)
巧妙・悪質化するワンクリック請求(9位) 4位 サービス妨害攻撃によるサービス停止(-)
ウェブサービスへの不正ログイン(5位) 5位 ウェブサイトの改ざん(6位)
匿名によるネット上の誹謗・中傷(-) 6位 対策情報の公開に伴い公知となる脆弱性の悪用増加(10位)
ウェブサービスからの個人情報の窃取(4位) 7位 ランサムウェアを使った詐欺・恐喝(3位)
情報モラル不足によるサイバー犯罪の低年齢化(-) 8位 インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用(1位)
職業倫理欠如による不適切な情報公開(-) 9位 ウェブサービスへの不正ログイン(5位)
インターネットの広告機能を悪用した攻撃(-) 10位 過失による情報漏えい(-)

人気記事

一覧

新着記事

iPhone新モデルが登場する秋到来! - Appleが9月7日イベント開催を正式発表
[06:37 8/30] スマホとデジタル家電
今田耕司「3 年前まで彼女がいた」目標は「東京五輪婚」と東野幸治に宣言
[06:00 8/30] エンタメ
宮根誠司「断ったら遺恨が…」弟子・川田裕美との共演を語る
[06:00 8/30] エンタメ
長谷部誠、黒柳徹子からのお触りに積極的発言「触ってもらえますか?」
[06:00 8/30] エンタメ
澤穂希、東京五輪に向けた今後の展望を語る『1周回って知らない話』初回2時間SP
[06:00 8/30] エンタメ