ネットギア、LANスイッチ製品の6年目オンサイト保守サービスを販売開始

 

ネットギアジャパンは2月15日、LAN スイッチ製品において、これまで5年を限度としていたオンサイト保守サービスの6年目オプションの販売を開始した。

オンサイトサービスは、機器の故障時にNETGEAR指定のサービスエンジニアが設置場所まで行き、機器の交換のほか、設定作業まで行う年間保守サービス。従来はサービス提供期間の上限を5年としていたが、多くの顧客から要望があっため、6年目オンサイト保守サービスの販売を開始する。

6年目オンサイトサービスは、5年分のサービスを購入し、NETGEAR のウェブサイトで登録した人のみ購入できる。

価格は、アンマネージプラス/スマート/Layer2 マネージスイッチが48,600円、Layer3 マネージスイッチが56,160円、アンマネージプラス/スマート/Layer2 マネージスイッチが81,000円、Layer3 マネージスイッチが97,200円。

ライフタイム保証のLAN スイッチ製品

なお、ハードウェア故障に対する無償保証であるライフタイム保証(永年保証)は標準添付されている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

川島海荷、『ZIP!』新MC就任で滑舌強化トレーニング「結構、激しかった!」
[21:00 10/1] エンタメ
西内まりや、初主演作『CUTIE HONEY』の舞台あいさつで胸の谷間をチラ見せ
[21:00 10/1] エンタメ
[高専ロボコン2016]関東甲信越大会をライブ配信 YouTubeなど初の外部プラットフォームも NHK
[20:48 10/1] エンタメ
「5時から9時まで」の相原実貴、“耽美×ラーメン”紡ぐ小説の装画を描き下ろし
[20:23 10/1] ホビー
映画キューティーハニーが封切り、永井豪がいやらしくハニーを見るため奮闘
[19:46 10/1] ホビー