ネットギア、LANスイッチ製品の6年目オンサイト保守サービスを販売開始

 

ネットギアジャパンは2月15日、LAN スイッチ製品において、これまで5年を限度としていたオンサイト保守サービスの6年目オプションの販売を開始した。

オンサイトサービスは、機器の故障時にNETGEAR指定のサービスエンジニアが設置場所まで行き、機器の交換のほか、設定作業まで行う年間保守サービス。従来はサービス提供期間の上限を5年としていたが、多くの顧客から要望があっため、6年目オンサイト保守サービスの販売を開始する。

6年目オンサイトサービスは、5年分のサービスを購入し、NETGEAR のウェブサイトで登録した人のみ購入できる。

価格は、アンマネージプラス/スマート/Layer2 マネージスイッチが48,600円、Layer3 マネージスイッチが56,160円、アンマネージプラス/スマート/Layer2 マネージスイッチが81,000円、Layer3 マネージスイッチが97,200円。

ライフタイム保証のLAN スイッチ製品

なお、ハードウェア故障に対する無償保証であるライフタイム保証(永年保証)は標準添付されている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

アグリーメント、営業支援パッケージにデータ分析用テンプレートを追加
[12:00 8/30] 企業IT
【連載】Hadoopによるビッグデータ分析基盤設計入門 (3) DWH/RDBMSとHadoopの特徴比較
[12:00 8/30] 企業IT
兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第76回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(17) テレワーク
[12:00 8/30] 企業IT
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第336回 ガラガラゲット
[12:00 8/30] 趣味
名画とスター猫がコラボ!? 今度の「ねこ休み展」は美術館がテーマ
[11:54 8/30] 趣味