ドコモ、「AQUOS ZETA SH-01H」ソフト更新 - 正常に操作できない不具合修正

 

NTTドコモは15日、Androidスマートフォン「AQUOS ZETA SH-01H」(シャープ製)向けに最新ソフトウェアの提供を開始した。ソフト更新により、まれに特定のエラーメッセージが表示され、正常に操作できない場合がある不具合が修正される。

「AQUOS ZETA SH-01H」

ソフト更新は、ホーム画面から「アプリボタン」→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」の順に選択し、案内に従って操作することで可能。更新時間は、FOMA/Xi/Wi-Fi接続時で約8分。更新後のビルド番号は「01.00.05」。ホーム画面から「アプリボタン」→「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」の順に進むことで確認できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

MSI、GeForce GTX 960Mを搭載する14型ゲーミングノートPC「GS40 Phantom」
[17:12 7/1] パソコン
重要性が増す企業でのCSIRT構築および運用における実態調査
[17:09 7/1] 企業IT
JAL×ポンタ「JAL Pontaカード」誕生 - "ポンタパイロット"を機内でも配布
[17:01 7/1] 趣味
米IBM、インメモリーデータベースの新バージョン「IBM DB2 V11.1」
[16:59 7/1] 企業IT
日産「キューブ」一部仕様向上、エントリーモデルに本革巻きステアリングも
[16:50 7/1] ホビー