ドコモ、「AQUOS ZETA SH-01H」ソフト更新 - 正常に操作できない不具合修正

 

NTTドコモは15日、Androidスマートフォン「AQUOS ZETA SH-01H」(シャープ製)向けに最新ソフトウェアの提供を開始した。ソフト更新により、まれに特定のエラーメッセージが表示され、正常に操作できない場合がある不具合が修正される。

「AQUOS ZETA SH-01H」

ソフト更新は、ホーム画面から「アプリボタン」→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」の順に選択し、案内に従って操作することで可能。更新時間は、FOMA/Xi/Wi-Fi接続時で約8分。更新後のビルド番号は「01.00.05」。ホーム画面から「アプリボタン」→「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」の順に進むことで確認できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

羽鳥アナ、苦手な芸能人を実名告白「本気で困っている」
[07:00 8/31] エンタメ
テクノロジーとポップカルチャーの融合を日本で - 「東京コミコン」12月に開催
[07:00 8/31] 企業IT
ASUS ZenFone 3デザイナーが語るその秘密 - 日本投入は9月予定
[07:00 8/31] スマホとデジタル家電
電力事業者の新設が多い都道府県は?
[07:00 8/31] マネー
夫婦のLINE 第222回 ダメな所を認めることが逆説的に自己肯定につながる
[07:00 8/31] ライフスタイル