ドコモ、「AQUOS ZETA SH-01H」ソフト更新 - 正常に操作できない不具合修正

 

NTTドコモは15日、Androidスマートフォン「AQUOS ZETA SH-01H」(シャープ製)向けに最新ソフトウェアの提供を開始した。ソフト更新により、まれに特定のエラーメッセージが表示され、正常に操作できない場合がある不具合が修正される。

「AQUOS ZETA SH-01H」

ソフト更新は、ホーム画面から「アプリボタン」→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」の順に選択し、案内に従って操作することで可能。更新時間は、FOMA/Xi/Wi-Fi接続時で約8分。更新後のビルド番号は「01.00.05」。ホーム画面から「アプリボタン」→「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」の順に進むことで確認できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

キヤノン、EOS 5D Mark IVの発売記念キャンペーン「POWER OF FIVE」
[08:30 8/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】IoTとモビリティがもたらす「つながる」世界はいかにして実現されるか - ハードウェア開発者必見のPCB Systems Forum 2016が、9月8日(木)より開催
[08:30 8/26] テクノロジー
日産「GT-R NISMO」2017年モデル発売 - 日産車で最大のダウンフォース実現
[08:23 8/26] ホビー
[吉田羊]日本版「コールドケース」のポスタービジュアル公開
[08:00 8/26] エンタメ
『デジモンtri.』、第3章ED曲「僕にとって」ジャケ写公開! 『02』一挙放送
[08:00 8/26] ホビー