ドコモ、「AQUOS ZETA SH-01H」ソフト更新 - 正常に操作できない不具合修正

 

NTTドコモは15日、Androidスマートフォン「AQUOS ZETA SH-01H」(シャープ製)向けに最新ソフトウェアの提供を開始した。ソフト更新により、まれに特定のエラーメッセージが表示され、正常に操作できない場合がある不具合が修正される。

「AQUOS ZETA SH-01H」

ソフト更新は、ホーム画面から「アプリボタン」→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」の順に選択し、案内に従って操作することで可能。更新時間は、FOMA/Xi/Wi-Fi接続時で約8分。更新後のビルド番号は「01.00.05」。ホーム画面から「アプリボタン」→「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」の順に進むことで確認できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ADI、中間周波数レシーバ/トランスミッタの新製品を発表
[19:31 9/26] テクノロジー
シャープ、プラズマクラスター技術による結核感染リスクの低減効果を発表
[19:20 9/26] ヘルスケア
ON Semi、低照度産業用イメージングに適した8メガピクセルイメージセンサ
[19:11 9/26] テクノロジー
[沢村一樹]朝ドラ初出演に抱負?「とにかくさわやかに」
[19:09 9/26] エンタメ
日本鉱物科学会が「日本の石」にひすい選定
[19:00 9/26] テクノロジー