松岡修造「もっとやりすぎるべきだ!」- 自ら志願しUSJのCMナレーション変更

 

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の"Re-born(リ・ボーン)大使"に就任した松岡修造がナレーションを担当した「『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 15周年開幕』CM~松岡修造編~」が15日、放映開始となった。

USJの"Re-born(リ・ボーン)大使"に就任した松岡修造

今月2日に行われた「15周年開幕事前イベント」で大使に就任し、2,500人の大衆を前に「僕たち、そして今の日本にはリ・ボーンが必要だ。リ・ボーンは、自分にはない力をよみがえらせてくれる。しかし僕たちはそのきっかけを知らない。そのきっかけはユニバーサル・スタジオ・ジャパンにある!」と熱弁した松岡。

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 15周年開幕」のCMは、先月25日より放送されていたが、同CMを見た松岡が「俺ならもっと熱く、もっと本気で"リ・ボーン"を伝えることができる!」「もっとやりすぎるべきだ!」とユニバーサル・スタジオ・ジャパンに思いをぶつけ、ナレーション変更することとなった。ナレーション録りにおいても、松岡は「やり過ぎよう」「生き返ろう」と、一語一句に思いを込め、全身全霊でRe-born(リ・ボーン)を表現。また、自身のアイデアを織り交ぜながらチャレンジしたという。

松岡は「"リ・ボーン!"ということで、やり過ぎてますか? 生き返ってますか? 今回、Re-born(リ・ボーン)大使になりました"リ・ボーン修造"です」とコメント。「15周年のCMを見させてもらって感じたこと、『やりすぎていないだろ! これではリ・ボーン伝わらないだろ!』そんな思いになりました。今回、無理言ってユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスタッフと相談し、僕の思いをぶつけさせていただきました。まさにリ・ボーンCMです」と熱い思いを明かし、「みなさんもあのCMを見て感じてごらん。そして、リ・ボーンしてごらん!」と呼びかけている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事