今冬グアリン獲得の上海申花、元インテルFWマルティンス獲得目前か

 

シアトル・サウンダーズでプレーするマルティンス [写真]=Getty Images

 中国スーパーリーグ(1部)の上海申花が、ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンス獲得間近に迫っていることが明らかになった。イギリスメディア『BBC』が14日に報じている。

 マルティンスは現在、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のシアトル・サウンダーズに所属。公式発表はされていないものの、同メディアは「マルティンスが数百万ドルの移籍金で上海申花へ加入」と報道した。

 現在31歳のマルティンスは、2001年から2006年まで所属したインテルで頭角を現した。在籍中にセリエAで88試合に出場して28得点を記録すると、その後はニューカッスル、ヴォルフスブルク、ルビン・カザン、バーミンガム、レバンテと渡り歩き、2013年からシアトル・サウンダーズでプレー。アメリカでは84試合の出場で43ゴールと、健在ぶりを示している。

 なお、新天地と伝えられている上海申花は、昨年2月にオーストラリア代表FWティム・ケーヒルを、同6月に元マリ代表MFモハメド・シソコとセネガル代表FWデンバ・バを獲得。今冬の移籍市場ではインテルからコロンビア代表MFフレディ・グアリンが加入している。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

残業30時間以下で株価上昇している企業ランキング、1位は?
[13:33 7/26] マネー
【連載特別企画】DMM.comのビジネス向けロボット「Palmi」が実現するワークスタイルの未来とは? 第3回 ロボットはスマホのような当たり前の存在に? PwCコンサルティングの取り組みとは
[13:30 7/26] テクノロジー
夫婦のLINE 第125回 アカウント1つのみって非常に困る
[13:30 7/26] ライフスタイル
[ハロー!プロジェクト]名古屋で初の定期公演スタートへ シネコン舞台に独自演出 「ボイメン」と日替わりで
[13:17 7/26] エンタメ
JAXA、無人補給機「こうのとり」6号機の打ち上げを10月1日に決定
[13:02 7/26] テクノロジー