今季初得点の本田…伊複数メディアが最高点で絶賛「サムライの日」

ジェノア戦で得点を挙げた本田 [写真]=Getty Images

 14日に行われたセリエA第25節で、日本代表MF本田圭佑が所属するミランはジェノアと対戦。本田の今季リーグ戦初得点などが生まれ、2-1の勝利を収めた。イタリア複数メディアが本田に高い評価を与えている。

 試合は、5分に本田のミドルシュートで得たCKからミランが先制に成功。一度跳ね返されたボールをイタリア代表MFリッカルド・モントリーヴォが右へ展開し、ラインを割ろうかというパスになんとか追い付いた本田が左足でクロスを入れると、ファーサイドに流れたボールをバッカがワントラップから右足ボレーを突き刺した。

 その後、63分にエリア手前ゴール正面でボールを持った本田が左足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右隅に吸い込まれ、リードは2点に。後半アディショナルタイムにはミランからレンタル移籍中のFWアレッシオ・チェルチにゴールを奪われたものの、このままミランが勝利。リーグ戦ではここ7試合無敗となった。

 大手メディア『スカイスポーツ』は、本田をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出。単独最高点の「7.5(10点満点)」と採点した。また、イタリアメディア『メディアセット』も最高点の「7.5」をつけ、「サムライの日になるということは数分で分かった。(ジェノアGKマッティア・)ペリンをゴール隅に飛ばせて足を暖めると、バッカの得点をアシスト。最後にはリーグ初得点を挙げ、試合を幸せに終えた」と絶賛した。

 イタリアメディア『milannews.it』も本田を試合最高点の「7.5」と評価。「ミランに来てからのベストパフォーマンスの1つ。左上隅へと正確にコントロールされたシュートでペリンにセーブを強いると、これで得たCKの流れからゴールラインを割るかに見えたボールに追いついてバッカの先制点をアシストした。後半には左足でペリンを破り、ミランに勝ち点3を与えた」と活躍を振り返った。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事