堤抄子のSF短編集「クラリオンの子供たち」新装版を刊行、宮崎駿の解説も再録

 

「クラリオンの子供たち」のイメージ。 (c)堤抄子

「聖戦記エルナサーガ」などで知られる堤抄子のSF短編集「クラリオンの子供たち 増補新装版」が4月に復刊ドットコムより刊行される。

「クラリオンの子供たち」は1993年にふゅーじょんぷろだくとから発売された、堤による初の単行本。宮崎駿が解説を寄稿したことでも話題を呼んだ。今回発売される単行本ではふゅーじょんぷろだくと版を底本に、全264ページの「増補新装版」として復刊される。

収録されるのは、近未来の戦争を背景に超能者の育成が人類存続を問う「クラリオンの子供たち」や、宮崎駿も「すっかり気に入った」と語る、超能力少女の暴走を描いた「ラプンツェル異聞」。そのほかにも「THE DAY AFTER CARE」「テクニカラードリーム・マシーン」「迷える電気羊のために」「マザーズタウンラプソディ」といった計6本の短編と、単行本には未収録だった作品「迷宮都市」を新たに掲載。さらに堤による描き下ろしも予定されている。

復刊ドットコムにて「クラリオンの子供たち 増補新装版」を予約した人には、もれなくポストカードをプレゼント。また抽選で30名には、堤の直筆サイン入りにて同書が届けられる。

(c)堤抄子


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

フジテレビ、月額888円で見放題の動画配信サービス「FODプレミアム」
[18:33 6/27] スマホとデジタル家電
林遣都、主演ドラマ『火花』が海外でもヒットで「こんなことになるとは」
[18:30 6/27] エンタメ
ヤマト運輸、LINEで荷物状況の確認や配送日時・場所の変更が可能に
[18:20 6/27] 携帯
英国進出の日本企業、約半数が大手企業 - 「日EU経済連携協定」への影響も
[18:15 6/27] マネー
[門脇麦&菅田将暉]映画「二重生活」語る 同世代共演に「最初からピタッときた感じ」
[18:14 6/27] エンタメ

本音ランキング