延期になっていたH-IIAロケット30号機の打ち上げ、17日に実施へ

神山翔  [2016/02/14]

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業(MHI)は2月14日、打ち上げが延期となっていたH-IIAロケット30号機を2月17日17時45分に打ち上げると発表した。

同ロケットは当初の予定では、2月12日17時45分に打ち上げられる予定だったが、射場近辺に規定以上の氷結層を含む雲の発生が予想されたことと、打ち上げ作業に支障のある強風が予想されたことから延期が決定した。

H-IIAロケット30号機はX線観測衛星「ASTRO-H」を搭載。同衛星はこれまでのJAXAの科学衛星で最も大きく、ブラックホールの進化のメカニズムなどの解明に貢献することが期待されている。

12日11時の種子島宇宙センター

H-IIAロケット30号機のコア機体

X線天文衛星(ASTRO-H)

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[渡辺美奈代]ひざ上20センチ超ミニスカで「生涯アイドル」宣言!
[04:00 6/25] エンタメ
JR東海「N700S」東海道・山陽新幹線次期車両の確認試験車、2018年春完成へ
[02:16 6/25] ホビー
ドスパラ、自作PCセット「パーツの犬モデル」にVR向けのハイエンドモデル
[01:54 6/25] パソコン
人気声優の内田彩が「バナミュ」に参戦、アニメ好きの塚田僚一ら感激
[01:00 6/25] エンタメ
[ライフ2]史上最悪の殺人犯と闘う女刑事 話題の新連載開始
[00:00 6/25] ホビー