広島の練習生コンビが衝撃のアベック弾 代表経験のあるオリ松葉から

◆ 「カープ・アカデミー」出身の練習生


 練習生として今キャンプに参加している広島のバティスタ内野手(23)とメヒア内野手(22)が14日、オリックスとの練習試合で豪快なアベック弾を放った。

 「4番・一塁」でスタメン出場のバティスタは初回、無死一、二塁の場面でオリックス先発・松葉の直球を見事に叩き、左中間最深部に着弾する3ランを放った。「5番・指名打者」で出場の続くメヒアも、松葉の直球を真芯で捉え、打球は低い弾道のままレフトスタンドへ着弾。広島は練習生コンビの活躍もあり、初回に一挙5点を先制した。

 二人はドミニカ共和国「カープ・アカデミー」出身の練習生で、昨秋のキャンプにも参加していた。昨年まで在籍したロサリオのように、今キャンプで結果を残し悲願のNPB入りを果たしたいところだ。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事