乙武氏、清原から"開かずの扉"に招かれた過去「克服するヒント得ようと…」

 

作家の乙武洋匡氏(39)が、覚せい剤取締法(所持)容疑で逮捕された元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)との秘話を語った。

清原和博容疑者

20代でスポーツライターを経験した乙武氏。ジャイアンツ時代の清原容疑者を密着取材したことがあり、清原容疑者がマスコミをシャットアウトしたことから"開かずの扉"といわれていたウエイトトレーニングルームにある日、招かれたことがあったという。

当時の清原容疑者は、「ケガが多くて2軍にいらっしゃる時期が長かった」。毎日のように自分だけが入ることを許され、「なぜなのか」と不思議に思っていた中、清原容疑者から「乙武くんさ、自分の体のことで『わーっ!』と考えたりすることないの?」と疑問を投げかけられる。

体格に恵まれながらケガが増えて出場機会も減り、思うような成績も残せないもどかしさが、清原容疑者にとっての"わーっ!"と分析する乙武氏。「私から克服するヒントを得られたらという思いで、招き入れてくださったんだな」と清原容疑者の心中を察し、「そういうところからもすごく内面が繊細で、弱くて、それを隠すために威嚇するよな態度になってしまう方だった」と振り返った。

スポーツライター時代の思い出を懐かしそうに話しながら、スター選手の末路を「すごくショックだった」と嘆く乙武氏。「そういう弱い部分がこういうふうに出てしまったんだなと非常に悲しく思いました」と複雑な思いを語っていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

橋本マナミ、高畑容疑者は「本能のまま動く子」- 告白された時の印象語る
[13:47 8/26] エンタメ
CEDEC 2016 - ワコムブースで「ZBrush」と「Cintiq 27 QHD」を体験する
[13:36 8/26] パソコン
橋本マナミ、言い寄られていた高畑逮捕に「ビックリ」 - 洞察力に称賛の声
[13:24 8/26] エンタメ
林家正蔵、徳川家康役決定で「鳴かぬなら おうちで飼おう ホトトギス」
[13:24 8/26] エンタメ
糖アルコールを炭素二重結合を含む化学原料に変換する触媒 - 東北大が開発
[13:12 8/26] テクノロジー

本音ランキング