太田宏介が移籍後初アシスト…フィテッセの5試合ぶり勝利に貢献

チームメイトと5試合ぶりの勝利を喜ぶDF太田宏介(上段左)[写真]=VI-Images via Getty Images

 フィテッセに所属するDF太田宏介が、13日に行われたエールディヴィジ第23節のヘーレンフェーン戦で移籍後初アシストを記録した。

 6試合連続の先発出場となった太田は、1点リードで迎えた44分、味方のスルーパスで一気に左サイドを抜け出すと、そのままペナルティエリア内まで持ち込み、マイナスの折り返しを供給。これを中央に走り込んだMFヴァレリ・カザイシュヴィリが左足で流し込み、ゴールネットを揺らした。

 試合はその後53分にカザイシュヴィリがPKで追加点を挙げて、フィテッセが3-0の快勝。太田は6試合連続のフル出場で1アシストを記録し、チームの5試合ぶりの白星に貢献した。

 フィテッセは次節、21日にアウェーでデ・フラーフスハップと対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事