MSI、GeForce GTX 980をSLIで搭載する弩級の18.4型ゲーミングノートPC

 

エムエスアイコンピュータージャパンは12日、18.4型ゲーミングノートPC「GT80S-6QF-205JP」と「GT80S-6QF-206JP」を発表した。2月20日から発売する。

GT80S-6QF-205JP

GT80S-6QF-205JP

「GT80S-6QF-205JP」は、NVIDIA GeForce GTX 980 8GB×2基をSLI構成で搭載する18.4型ハイエンドゲーミングノートPC。店頭予想価格は659,800円前後の見込み。キーボードにCherry MXキースイッチ「茶軸」のSteelSeries製キーボードを採用し、ユーティリティ「SteelSeries Engine3」を使って全キーをプレイスタイルに合わせてカスタマイズできる。キーボードのLEDバックライトは赤色のみ。「True Colorテクノロジー」により、液晶ディスプレイの色域でsRGB 100%を実現している。

サウンド面では、ESS SABRE HiFi DACを内蔵。仮想7.1chサウンドや低音ブーストなどを行う「Nahimicサウンド技術」を採用し、Dynaudio製スピーカーで迫力あるサウンドを出力する。1年間有効なXsplit Gamcasterプレミアムライセンスも付属。

そのほか主な仕様は、CPUが第6世代Intel Coreプロセッサ(開発コードネーム:Skylake)のIntel Core i7-6820HK(2.70GHz)、チップセットがIntel CM236 Express、メモリがDDR4-2133 64GB(16GB×4、最大64GB)、ストレージが256GB SSD×2基と1TB HDD、光学ドライブがブルーレイディスクドライブ。ディスプレイは18.4型の非光沢(ノングレア)で、解像度は1,920×1,080ドット。OSはWindows 10 Home 64bit版。

インタフェース類は、Gigabit Ethernet対応有線LAN(クアルコム・アセロス Killer E2400 GBLAN + Killer Sheld K9000)、IEEE802.11ac対応無線LAN(クアルコム・アセロス1535)、Bluetooth 4.1、USB 3.0×5、USB 3.1 Type-C×1、DisplayPort×2、SDメモリーカードリーダーなど。本体サイズは約W456×D330×H49mm、重量は4.5kg(バッテリ含む)。

製品イメージ(クリックで拡大)

GT80S-6QF-206JP

「GT80S-6QF-206JP」は、グラフィックスをNVIDIA GeForce GTX 980M 8GB ×2基(SLI)に変更したモデル。店頭予想価格は499,800円前後。メモリはDDR4-2133 32GB(8GB×4、最大64GB)に、ストレージは128GB SSD×2基と1TB HDDに変更されている。そのほかの仕様は上記「GT80S-6QF-205JP」とほぼ共通。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Cypress、同期整流制御を採用した車載LEDドライバを発表
[06:00 7/28] テクノロジー
木村祐一、オメデタ報告も松本人志が複雑な関係をチクリ「戦国武将みたい」
[06:00 7/28] エンタメ
松井秀喜"5打席連続敬遠"の裏側とは? 当事者の証言&読唇術で真相に迫る
[06:00 7/28] エンタメ
日本の製造業競争力、2016年時点で世界4位 - 2020年はどうなる?
[06:00 7/28] マネー
[福山雅治]主演映画主題歌でTOKYO NO.1 SOUL SETとタッグ 80年代ディスコをギターで
[04:00 7/28] エンタメ