チェルシー、アトレティコDFゴディン獲得か…テリーの後釜候補に

  [2016/02/13]

アトレティコ・マドリードでプレーするゴディン [写真]=Getty Images

 チェルシーが今シーズン終了後の夏の移籍市場で、アトレティコ・マドリード所属のウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンの獲得を目指していることが明らかになった。13日付のイギリス紙『メトロ』などが報じている。

 チェルシーは今シーズン限りで契約満了を迎える元イングランド代表DFジョン・テリーと契約延長しない意向を示している。一方で、同選手やクラブサポーターは、契約延長を望んでおり、不透明な状況が続いている。そんな中クラブは、これまで公式戦通算666試合に出場してきたテリーの後釜として、ゴディンに白羽の矢を立てたようだ。

 今月16日で30歳を迎えるゴディンは、2010年8月からアトレティコ・マドリードでプレー。2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でゴールを挙げるなど、クラブの中心選手として活躍している。また、ウルグアイ代表として2度のワールドカップ出場を経験した。

 昨夏にはマンチェスター・Cが移籍金4000万ユーロ(約54億円)を用意してゴディン獲得に動いたが、本人が残留を希望したため、交渉が進展しなかった。

 近年、アトレティコ・マドリードからチェルシーへの加入が目立っており、ベルギー代表GKティボー・クルトワやスペイン代表FWジエゴ・コスタらが移籍を果たしている。 今シーズン終了後の展開に注目が集まる。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[池田秀一]シャアに“戻り”安堵 「いい酒が飲めた」
[13:57 5/28] ホビー
[マンガ質問状]「おそ松さん」 トト子ちゃん主役の構想も
[13:30 5/28] ホビー
[すみれ]ベビーピンクのタイトワンピで初出演映画の舞台あいさつに
[13:18 5/28] エンタメ
[菜々緒]スタッフのミスに“鉄拳制裁” 強烈ビンタは否定も…
[12:25 5/28] エンタメ
[山崎賢人]初めての相手は菜々緒 強烈ビンタに「気持ちよかった」
[12:02 5/28] エンタメ

特別企画 PR