4位転落のマンC、指揮官は優勝争いに自信「最大で勝点36を得られる」

  [2016/02/13]

レスターとの上位対決に敗れたマンチェスター・C [写真]=AMA/Getty Images

 マンチェスター・Cは14日に行われるプレミアリーグ第26節でトッテナムをホームに迎える。マンチェスター・Cを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督が会見に臨み、優勝争いについて言及した。12日、同クラブ公式サイトが伝えている。

 前節、日本代表FW岡崎慎司が所属する首位レスターとの上位対決で1-3と敗戦を喫し、4位に後退したマンチェスター・C。レスターとの勝ち点差は「6」に広がり、優勝争いにとどまるためには上位対決での連敗は許されない。

 プレミアリーグは残り13試合。ペジェグリーニ監督はトッテナム戦について、「先週も言ったように何かが決まる試合ではないが、とても重要な試合だ。最大で勝点36を得られる。我々にとっては、首位に返り咲こうとするのが重要だ」と、あくまで残りのリーグ戦における1試合だという認識を示した。

 また、「レスターに敗れたのは予想外だった。直近の11試合は、FAカップ準決勝ファーストレグのエヴァートン戦以外負けていなかったからね。我々は良い状態にあるが、トッテナム相手にも良いプレーをしなければならない」と、レスター戦に敗れはしたものの、チームは良い状態にあると自信をのぞかせた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

iiyama PC「SENSE∞」、Quadro M4000搭載のクリエイタ―向けミドルタワーPC
[19:43 5/30] パソコン
ランサムウェアがもっとも攻撃者にとって有効になる業界は? - McAfee Blog
[19:36 5/30] 企業IT
【レポート】Windows 10の要件変更でピンチになるのは誰? - 阿久津良和のWindows Weekly Report
[19:20 5/30] パソコン
OL3人が官能的な表情で肉料理を食べまくる「肉女のススメ」1巻
[18:34 5/30] ホビー
勝地涼が「赤シャツ」の孫役で主演『“くたばれ”坊っちゃん』
[18:30 5/30] エンタメ

特別企画 PR