中日・浜田達が3回パーフェクト 先発ローテ入りアピール

 

中日4年目の浜田達郎

◆ ストライク先行で3回を29球

 中日の浜田達郎投手が13日、韓国・起亜との練習試合に先発登板し、3イニングをパーフェクトに抑えた。

 対外試合初戦の先発を託された左腕は、初回から安定感抜群。いきなり2者連続三振のスタートを切ると、初回をわずか9球で料理。2回以降もストライク先行の投球で、毎回の4奪三振をマークした。

 直球は常時130キロ台だったがフォークとのコンビネーションが冴え、起亜打線に的を絞らせず。結局3回29球、無安打、無四死球、4奪三振の好投で、先発ローテーション入りを首脳陣にアピールした。

 浜田達は入団2年目の14年に5勝をマークするも、同年終盤に左肘の靭帯を痛め長期離脱。復帰した昨季は4試合の登板で未勝利に終わり、その間に同期入団の若松駿太が10勝を挙げブレークした。今季は左右の両輪として、揃って先発ローテーションを支えてほしいところだ。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジェットスター・ジャパン、初の通期黒字化--中国本土など国際線拡大へ
[17:26 8/24] 趣味
スマイルワークスのクラウド給与計算ソフト、中堅企業向けに機能を強化
[17:25 8/24] 企業IT
朝食市場、活性化の鍵はカギはどの世代?
[17:24 8/24] マネー
高畑裕太容疑者出演ドラマ『侠飯』一部撮り直しに - 26日放送分から編集
[17:08 8/24] エンタメ
MSI、OC版Radeon RX 480搭載グラフィックスカード - 税別34,980円
[17:07 8/24] パソコン