元ミランFWジョージ・ウェアの息子が大活躍…国際大会で1試合5得点の大暴れ

 

ティモシーの父、ジョージ・ウェア氏 [写真]=Getty Images

 桁外れの身体能力を持ち“リベリアの怪人”と呼ばれたのは、1995年のバロンドール受賞選手のジョージ・ウェア氏。

 ミラン時代にはヴェローナ戦でサッカー史に残る衝撃の「80m独走ゴール」を決めたことでも知られている。そんなウェアには息子がいる。

かつてウェア自身も所属したパリ・サンジェルマンのユースチームに籍を置くティモシー・ウェアだ。

 そんなティモシー擁するパリ・サンジェルマンU-17はカタールで行われているアルカス・インターナショナル・カップに参戦しているのだが、上海绿地申花戦で衝撃のゴールショーを披露した。なんとこの試合で5得点を奪取した。

 ティモシー・ウェアは2000年2月22日生まれの15歳。父親同様恵まれた身体能力を武器とするアタッカーで、13-0と大勝したこの試合で大爆発したらしい。

 ドイツの移籍情報サイト『Transfermarkt』によれば、ティモシーはリベリアとアメリカの二重国籍を持っており、世代別代表ではアメリカを選択している。

 なお、グループDでレアル・マドリードとアル・アハリに敗れたパリ・サンジェルマンは、順位決定戦でグループAの最下位である上海绿地申花と対戦し大勝を収めた。なお、この大会には日本からも柏レイソルが参加している。

(記事提供:Qoly)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Dialog、TSMC 650V GaN on Siプロセスを採用したパワー半導体を発表
[16:56 8/25] テクノロジー
iCloudの空きが減ってきたときは「ダイエット」で対応!
[16:51 8/25] スマホとデジタル家電
【特別企画】スマホに特化したマンガコンテンツ – タテコミの魅力とは?
[16:48 8/25] エンタメ
親の経済力は子が食べる食品に"格差"を生む - 厚労省の乳幼児栄養調査
[16:34 8/25] ヘルスケア
ソフトバンク、「東京お台場FreeWiFi」に電話認証を導入
[16:26 8/25] スマホとデジタル家電