パイオニアにもっと光を! センバツ出場校のプロ入り第1号選手は?

  [2016/02/13]


      週刊野球太郎
    


 近年のプロ野球でよく耳にする「最後の◯◯戦士」というフレーズ。だが一方で、「最初の◯◯戦士」という言われ方をする選手はいない。

 どんな選手がいるのか……。開幕まで1カ月に迫った春のセンバツ出場校を元に、「最初の◯◯戦士」を探ってみた。


◎最初の大阪桐蔭戦士・今中慎二

 今や毎年のように有力選手を輩出している大阪桐蔭高校。その先陣を切ったのは、1988年のドラフトで中日から1位指名を受けた今中慎二だった。

 入学当初から評判が高かったわけではなく、1年秋の大阪府大会で立浪和義などを擁するPL学園を抑えたことで、一躍プロ注目の選手に。

 プロ入り後は、2年目の10勝を皮切りに2桁勝利の常連となり、4年目以降はスローカーブを武器に活躍。晩年は左肩のケガに悩まされたが、大阪桐蔭のパイオニアとしての功績は、計り知れないものがある。


◎最初の明徳義塾戦士・藤本茂喜

 高知県の甲子園常連校と言えば明徳義塾(当時、明徳)。同校の記念すべきプロ入り第1号は、1982年のドラフトで巨人に6位指名された藤本茂喜。

 1982年のセンバツで4番を務め、そこで名を売ってプロへ。巨人には6年所属したが、1軍出場は1試合のみと、選手として大成することができなかった。

 しかし引退後はスカウトとして、久保裕也や矢野謙次、最近では高木勇人を発掘するなど才覚を発揮。チームになくてはならない存在となっている。


◎最初の創志学園戦士・奥浪鏡

 2010年の春のセンバツで「創立2年目の高校が出場!」と話題になった創志学園。当時甲子園に出場した選手のプロ入りは叶わなかったものの、そのセンバツ初出場の年に入学した奥浪鏡が、2013年のドラフトでオリックスから6位で指名され、晴れて同校初のプロ野球選手となった。

 その奥浪はまだ1軍出場こそないものの、2軍で年々ホームラン数を増やすなど順調に成長中。176cm95kgという体格からも、連想するのは西武のおかわりくんこと中村剛也だけに、後輩の頑張りから発奮を受けて、今年を飛躍の年にしてもらいたい。


◎改めて感じる「最初」の凄さ

 今回挙げた3人の入団時期だが、方や1980年代、方や2010年代と極端に離れた。これは「最初」になることが、いかに難しいかを示していると思う。
 野球に限らなくても、パイオニアになるのは非常に困難。だからこそ、その中で第1号になれるのはとても名誉なこと。もっと賞賛されるべきだと思う。

 野球ファンは今まで以上に「最初の◯◯戦士」に注目してみてはどうだろうか。


文=森田真悟(もりた・しんご)


本記事は「週刊野球太郎」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ロボホン、ついに発売 - 期間限定のロボホンカフェに行ってきた
[15:50 5/26] 家電
上野樹里、トライセラ和田唱と結婚「私は幸せ」「素敵なパートナー」
[15:47 5/26] エンタメ
ファイルメーカー、カスタム App構築を支援するハウツーガイドを無料公開
[15:45 5/26] パソコン
旭硝子、「C12A7エレクトライド」のスパッタリングターゲット材を量産開始
[15:19 5/26] テクノロジー
平岡祐太、貫地谷しほりと思い出話で意気投合「役に生きてくるのでは」
[15:18 5/26] エンタメ

特別企画 PR