既婚男性、4人に1人が"家族に秘密でヘソクリ" - 平均額は64万円

 

保険クリニックは2月12日、男性の家計簿や貯蓄・ヘソクリに関するアンケート調査の結果を発表した。調査期間は2015年12月28日~2016年1月6日、有効回答は20~59歳の男性500人。

毎月のお小遣い(お小遣い制でない方は、毎月自由に使える金額)はいくらですか

既婚男性の毎月のお小遣いは平均4万2,000円

家計簿をつけた経験を尋ねたところ、32.0%が「つけた経験がある」と回答。現在もつけている人は20.8%で、特に20歳代の既婚男性では24.0%に上った。

家計簿をつけ始めたきっかけは、「節約」が69人(約30%)で最も多く、次いで「何となく」が58人、「わからない」が46人と続いた。

未婚男性に生活費を除いた自由に使える金額は月いくらか聞くと、平均は3万7,000円、中央値は3万円、最も多かった回答は1万円。預貯金をしている人は46.3%で、預貯金総額の平均は364万円、1,000万円以上を貯めている人も十数人いた。1,000万円以上の金額を除いた中央値は50万円、最も多かった回答は5万円だった。

既婚男性の毎月のお小遣いは、平均4万2,000円、最高額は50万円、最も多かった回答は3万円。

家族に秘密でヘソクリをしている人は28.0%で、平均は64万円、中央値は20万円、最も多かった回答は10万円だった。年代別の平均ヘソクリ額をみると、50歳代が59万円でトップとなり、以下、30歳代が57万円、40歳代が53万円、20歳代が49万円と続いた。

保険クリニック広報(アイリックコーポレーション広報宣伝部)によると、「ヘソクリ金額をみると『50万円以下』と『100万円以上』に集中しており、2極化しているような印象があった」という。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

外国人観光客、ランチ平均単価は1,644円 - 最も高額なのはどの地域の人?
[17:32 9/27] マネー
公共料金の「ビットコイン払い」が可能に!? - まずは"電気代"から
[17:28 9/27] マネー
ふるさと納税を申し込んだ理由、1位は?
[17:27 9/27] マネー
ラックとアイビーシーが「Dynatrace」で協業、統合性能管理実現に向け連携
[17:23 9/27] 企業IT
PwCあらた、クラウドリスク管理向けログモニタリング活用支援サービス
[17:22 9/27] 企業IT