渡辺俊美のお弁当エッセイをマンガ化、息子視点のオリジナルエピソードも

 

「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」

渡辺俊美原作、「おもいでだま」の荒井ママレ作画による「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」が、本日2月12日に刊行された。

TOKYO No.1 SOUL SETなどで知られるミュージシャン・渡辺俊美による、同名のエッセイをコミカライズした今作。高校生の息子・登生(トーイ)くんのために、毎朝お弁当を作り続けた渡辺の3年間が描かれている。マンガでは福島復興のため活動する渡辺の姿を、息子の登生くん視点で描いたオリジナルエピソードも展開。また渡辺親子のもとへ、荒井が取材に行った際のレポマンガも収録された。小学館の公式サイトでは試し読みを公開している。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ソニー、Aマウント一眼レフ最上位機「α99 II」国内でも発表
[12:25 9/28] スマホとデジタル家電
ヘルパーT細胞の分化にはプロテインキナーゼDが必須 - 九大発表
[12:14 9/28] テクノロジー
Apple Watch Series 2とiPhone 7 Plusで、ニューヨークの街を歩いてきた - 松村太郎のApple深読み・先読み
[12:14 9/28] スマホとデジタル家電
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (11) イベントの扱い方
[12:00 9/28] 企業IT
坂上忍、怒りキャラとしての覚悟「言うからには結果も出す」- 今後のキャリアプランも
[12:00 9/28] エンタメ

本音ランキング