渡辺俊美のお弁当エッセイをマンガ化、息子視点のオリジナルエピソードも

 

「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」

渡辺俊美原作、「おもいでだま」の荒井ママレ作画による「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」が、本日2月12日に刊行された。

TOKYO No.1 SOUL SETなどで知られるミュージシャン・渡辺俊美による、同名のエッセイをコミカライズした今作。高校生の息子・登生(トーイ)くんのために、毎朝お弁当を作り続けた渡辺の3年間が描かれている。マンガでは福島復興のため活動する渡辺の姿を、息子の登生くん視点で描いたオリジナルエピソードも展開。また渡辺親子のもとへ、荒井が取材に行った際のレポマンガも収録された。小学館の公式サイトでは試し読みを公開している。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

IBM、国内のFinTech企業と「FinTech共通API」の接続検証を実施
[15:00 6/28] 企業IT
[トレンディエンジェル]今年はM-1出場せず 「得してるイメージない」
[14:39 6/28] エンタメ
セコム、ファイル検査付きインターネット分離クラウドサービスを提供
[14:37 6/28] 企業IT
【レポート】パウダースノーにてんこ盛り! 初上陸の韓国かき氷"ソルビン"は発掘も楽しい
[14:26 6/28] 趣味
【レポート】海外のラーメンブームに乗れるか? 吉野家が「せたが屋」で勝負に出る
[14:25 6/28] 経営・ビジネス

本音ランキング