渡辺俊美のお弁当エッセイをマンガ化、息子視点のオリジナルエピソードも

「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」

渡辺俊美原作、「おもいでだま」の荒井ママレ作画による「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」が、本日2月12日に刊行された。

TOKYO No.1 SOUL SETなどで知られるミュージシャン・渡辺俊美による、同名のエッセイをコミカライズした今作。高校生の息子・登生(トーイ)くんのために、毎朝お弁当を作り続けた渡辺の3年間が描かれている。マンガでは福島復興のため活動する渡辺の姿を、息子の登生くん視点で描いたオリジナルエピソードも展開。また渡辺親子のもとへ、荒井が取材に行った際のレポマンガも収録された。小学館の公式サイトでは試し読みを公開している。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事