米Qualcomm、通信速度1Gbpsのモデムチップ「Snapdragon X16 LTE modem」

 

米Qualcommは11日(現地時間)、LTEカテゴリー16に対応したモデムチップ「Snapdragon X16 LTE modem」を発表した。最大1Gbpsでの通信(下り)が可能を謳っている。

14nm FinFET技術を使って製造されるとのことで、同プロセスを使用する「Snapdragon 625」と統合された上での製品化が予想される。下りで最大1Gbpsを実現するLTEカテゴリー16をサポートし、キャリアアグリゲーションは下りで変調方式に256QAM、20MHz幅のLTEを4波束ねての利用に対応する。上りは、変調方式に64QAM、20MHz幅のLTEを2波束ねての利用に対応している。また、LLAおよびWi-Fiの5GHz帯といったキャリアネットワークに割り当てられていない周波数帯でLTEが利用できるというLTE-Uなどをサポートする。量産は2016年の下半期から始まるとアナウンスされている。

人気記事

一覧

新着記事

アッコ、極楽・山本は「性格すごいいいヤツ」-「頑張ってほしい」とエール
[12:23 7/31] エンタメ
[松本人志]やくみつるの「ポケモンGO」炎上にコメント
[12:00 7/31] エンタメ
松本人志、『27時間テレビ』に求める意外性「100時間」「とんねるずと」
[12:00 7/31] エンタメ
女子高生女流棋士・竹俣紅が解説『朝日新聞社杯 第2期将棋ウォーズ棋神戦』生中継
[12:00 7/31] エンタメ
ジュエリースナップ 第363回 saopiyoさん
[12:00 7/31] ライフスタイル