米Qualcomm、通信速度1Gbpsのモデムチップ「Snapdragon X16 LTE modem」

 

米Qualcommは11日(現地時間)、LTEカテゴリー16に対応したモデムチップ「Snapdragon X16 LTE modem」を発表した。最大1Gbpsでの通信(下り)が可能を謳っている。

14nm FinFET技術を使って製造されるとのことで、同プロセスを使用する「Snapdragon 625」と統合された上での製品化が予想される。下りで最大1Gbpsを実現するLTEカテゴリー16をサポートし、キャリアアグリゲーションは下りで変調方式に256QAM、20MHz幅のLTEを4波束ねての利用に対応する。上りは、変調方式に64QAM、20MHz幅のLTEを2波束ねての利用に対応している。また、LLAおよびWi-Fiの5GHz帯といったキャリアネットワークに割り当てられていない周波数帯でLTEが利用できるというLTE-Uなどをサポートする。量産は2016年の下半期から始まるとアナウンスされている。

人気記事

一覧

新着記事

リニア、デュアル入力モノリシック電源プライオリタイザ「LTC4420」を発表
[10:50 9/1] テクノロジー
Windows 10 Insider Preview、ビルド14915で「配信の最適化」が向上
[10:49 9/1] パソコン
リニア、60V同期整流式降圧バッテリチャージャコントローラ「LTC4013」
[10:31 9/1] テクノロジー
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (10) time要素の使い方
[10:30 9/1] 企業IT
ドコモショップで生命保険の販売がスタート、通信会社は何を狙うか
[10:30 9/1] 経営・ビジネス