米Qualcomm、通信速度1Gbpsのモデムチップ「Snapdragon X16 LTE modem」

 

米Qualcommは11日(現地時間)、LTEカテゴリー16に対応したモデムチップ「Snapdragon X16 LTE modem」を発表した。最大1Gbpsでの通信(下り)が可能を謳っている。

14nm FinFET技術を使って製造されるとのことで、同プロセスを使用する「Snapdragon 625」と統合された上での製品化が予想される。下りで最大1Gbpsを実現するLTEカテゴリー16をサポートし、キャリアアグリゲーションは下りで変調方式に256QAM、20MHz幅のLTEを4波束ねての利用に対応する。上りは、変調方式に64QAM、20MHz幅のLTEを2波束ねての利用に対応している。また、LLAおよびWi-Fiの5GHz帯といったキャリアネットワークに割り当てられていない周波数帯でLTEが利用できるというLTE-Uなどをサポートする。量産は2016年の下半期から始まるとアナウンスされている。

人気記事

一覧

新着記事

「春佳・彩花のSSちゃんねる」、DJCD発売と番組単独イベント開催が決定
[02:00 8/31] ホビー
[銀の匙]サンデーで半年ぶりに連載 次号も掲載へ
[00:00 8/31] ホビー
「天智と天武」最終10&11巻が同時リリース、兄弟の愛憎劇描く歴史マンガ
[23:10 8/30] ホビー
ダークホラーで納涼…!「もののべ古書店怪奇譚」などフェアで描き下ろし特典
[23:00 8/30] ホビー
藤子・F・不二雄の世界へトリップするファンブック、渋谷直角や星野源も
[22:53 8/30] ホビー