オナマス原作者による小説「ラストメンヘラー」のコミカライズ1巻発売

「ラストメンヘラー」1巻(帯付き) (c)天野しゅにんた・伊瀬勝良/双葉社

「オナニーマスター黒沢」の原作者として知られる伊瀬勝良の小説「ラストメンヘラー」のコミカライズ単行本1巻が、本日2月12日に発売された。作画は「あやめ14」の天野しゅにんたが手がけている。

「ラストメンヘラー」は、リストカットの常習犯と噂される女子高生のすみれと、そんな彼女を目で追ってしまうクラスメイトの男子・要が織り成す物語。教室内で誰とも関わろうとしないすみれに近づくため、要が彼女にある嘘をついたことからストーリーは動き出す。月刊アクション(双葉社)にて連載されている。なおニコニコ静画内の、月刊のアクションでは現在第4話までを公開しているので、気になる人は確認してみては。

1巻の刊行を記念し、ゲーマーズ、COMIC ZIN、喜久屋書店、とらのあなでは購入者に特典を贈呈。書店を限定しない汎用の特典も用意されている。配布状況は店舗ごとに異なるため、詳細は店頭にて確認を。

(c)天野しゅにんた・伊瀬勝良/双葉社


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事