マツダ「CX-9」北米向け新型クロスオーバーSUV、広島の本社工場で生産開始

 

マツダは12日、広島市南区の本社宇品第1工場にて、11日から新型3列ミッドサイズクロスオーバーSUV「CX-9」の生産を開始したと発表した。昨年11月のロサンゼルスオートショーで世界初公開された、アメリカおよびカナダ市場向けのモデルだ。

新型「CX-9」(北米仕様)

同社の発表によれば、「CX-9」は2016年春以降、北米から順次販売を開始する予定だという。年間約5万台のグローバル販売計画台数のうち、約8割を北米市場が占める北米戦略モデルとなる。

新世代技術「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう) - Soul of Motion」を全面採用した新世代商品群のハイエンドモデルとなる同車は、ジャパンメイドの高品質なクルマづくりを通じ、機能やスペックを超えた上質な心地よさを提供。本社工場では同車の生産開始にあわせて、新開発の2.5リットル直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」の生産も開始している。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『とと姉ちゃん』常子役の高畑充希「"常"という漢字は今、見たくない」
[20:32 9/29] エンタメ
iOS 10のコントロールセンターをもっと"深く"使う方法を紹介
[20:29 9/29] スマホとデジタル家電
アリーナツアーで2度目の日本武道館凱旋ライブ達成 - 「Kalafina Arena LIVE 2016」で3人のヴォーカリストが伝えたメッセージ
[20:23 9/29] ホビー
オリンパス、スイッチをスライドするだけで録音開始するICレコーダー
[20:17 9/29] スマホとデジタル家電
[CUTIE HONEY-TEARS-]西内まりや初主演作 石田二コルの“美”と“ドSぶり”にも注目
[20:15 9/29] エンタメ