マツダ「CX-9」北米向け新型クロスオーバーSUV、広島の本社工場で生産開始

 

マツダは12日、広島市南区の本社宇品第1工場にて、11日から新型3列ミッドサイズクロスオーバーSUV「CX-9」の生産を開始したと発表した。昨年11月のロサンゼルスオートショーで世界初公開された、アメリカおよびカナダ市場向けのモデルだ。

新型「CX-9」(北米仕様)

同社の発表によれば、「CX-9」は2016年春以降、北米から順次販売を開始する予定だという。年間約5万台のグローバル販売計画台数のうち、約8割を北米市場が占める北米戦略モデルとなる。

新世代技術「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう) - Soul of Motion」を全面採用した新世代商品群のハイエンドモデルとなる同車は、ジャパンメイドの高品質なクルマづくりを通じ、機能やスペックを超えた上質な心地よさを提供。本社工場では同車の生産開始にあわせて、新開発の2.5リットル直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」の生産も開始している。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

プリンスの自宅ツアー、10月から開始予定
[11:12 8/27] エンタメ
森保一、意外な育成術が明らかに『プロフェッショナル』が密着
[11:00 8/27] エンタメ
[深水元基]「真田丸」“猛将”福島正則役 素顔は「酒に弱く」小日向文世に本気ビビり
[11:00 8/27] エンタメ
CEDEC 2016 - トップCGアーティストが華麗な実践テクニックを披露
[11:00 8/27] パソコン
イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第50回 必要な機能だけ追加できる高機能レコーダー「ディクタフォン」
[11:00 8/27] 企業IT