グッドモーニング・コール試写で白石隼也「髭を3回剃って上原くんに」

イベントの様子。(左から)長澤航也、荒井萌、桜田通、福原遥、白石隼也、健太郎、田中日奈子、永嶋柊吾。 (c)高須賀由枝/集英社・フジテレビ

高須賀由枝原作によるドラマ「グッドモーニング・コール」のトークイベントと完成披露試写会が、本日2月12日に東京・お台場シネマメディアージュにて行われた。

イベントには吉川菜緒役の福原遥、上原久志役の白石隼也、篠崎大地役の桜田通、紺野まりな役の荒井萌、いっちゃん役の健太郎、みっちゃん役の永嶋柊吾、阿部順役の長澤航也、草薙ななこ役の田中日奈子が登壇。本作が連続ドラマ初主演となる福原は「すごい不安でいっぱいなんですが、菜緒の魅力を皆さんに届けられたらいいなと思っています」と挨拶する。

白石は非の打ち所のないイケメン・上原役を演じることについて「(非の打ち所のないイケメンという)紹介のとおり、非常に難しい役なんですけど」とポツリ。これに対し司会の佐野瑞樹フジテレビアナウンサーが「どのように役作りをしているんですか」と問いかけると、白石は「原作者の高須賀先生が『上原くんは、いっても普通の男の子だから』と仰ってくださったので、『確かにそうだな』と思いまして。それを信じてイケメンを意識せず演じています。ただ25歳で17歳の役をやっているので、髭を隠すのが大変ですね。1日3回剃ってます(笑)」と明かした。

また週末がバレンタインデーということもあり、イベント中盤では女性キャストがそれぞれの好みのキャラクターを演じている男性キャストにチョコレートを渡すことに。福原が永嶋、荒井が桜田、田中が健太郎にチョコを渡すと、誰からもチョコレートをもらえなかった白石は「キャラクターが人気がなかったということで、僕の問題じゃないから。そんなにショックを受けてないんですよ……」と強がりながらスネてみせる。すると周囲からは「キャラクターは人気だから!」とブーイングを浴びていた。

その後、逆バレンタインとして白石が劇中のキーアイテムとなる牛乳プリンを、抽選で選ばれた来場者の女性にプレゼント。白石は当選者の女性にプリンを「あーん」をして食べさせてあげ、会場を沸かせた。

最後に白石は原作ファンに向けて「監督から台本よりマンガを読めと言われるくらい、本当に原作をリスペクトして作っている作品です。僕の顔が上原くんに似ているのかとか、難しいところもあるんですけど(笑)、キャラクターの人間性や性格は非常に忠実に再現していますので、そこは楽しんでもらえるのではないかと思います」とメッセージを贈る。福原も「撮影中以外のプライベートでも、皆それぞれの役柄そのままだなと思うところがたくさんあるので、そういうそれぞれの個性や魅力を皆さんに見ていただきたいですね」と続けた。

ドラマ「グッドモーニング・コール」は本日よりフジテレビオンデマンド、Netflixにて配信。なおフジテレビオンデマンドでは、ドラマの配信開始を記念し原作の1巻を、2月25日23時59分まで無料で公開している。

(c)高須賀由枝/集英社・フジテレビ


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事