ドスパラ、旭プロダクション監修のアニメーション製作向けデスクトップPC

 

サードウェーブデジノスは12日、クリエイター向けPC「raytrek」シリーズの新モデルとして、デジタル作画に取り組むアニメーション制作スタジオやアニメーター向けのデスクトップPCを発表した。PCショップ「ドスパラ」で販売し、価格は税別79,980円から。

アニメーションの企画や製作を行う「旭プロダクション」が監修。セルシスが開発するマンガ・イラスト・アニメ制作向け作画ソフト「CLIP STUDIO PAINT EX」での作業をベースに、実際のアニメーション製作現場で、2カ月間におよび試用し、製品仕様を決定したという。

raytrek 旭プロダクション監修 CLIP STUDIO PAINT EX デジタル作画モデル IM

raytrek 旭プロダクション監修 CLIP STUDIO PAINT EX デジタル作画モデル IM

「raytrek 旭プロダクション監修 CLIP STUDIO PAINT EX デジタル作画モデル IM」は、CLIP STUDIO PAINT EXを使用したデジタルでの原画・動画の作画に必要なスペックを満たしつつ、コストを抑えたモデル。複数台の導入を検討するスタジオや、これからデジタル作画に取り組むアニメーターに好適という。

主な仕様は、CPUがIntel Core i5-6500 (3.2GHz)、チップセットがIntel H110、メモリが16GB PC4-17000、ストレージが1TB SATA3 HDD、グラフィックスがIntel HD Graphics 530(CPU内蔵)、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、電源が350W静音電源。OSがWindows 8.1 Pro 64bit。本構成の価格は税別79,980円から。

raytrek 旭プロダクション監修 CLIP STUDIO PAINT EX デジタル作画・編集モデル LC

raytrek 旭プロダクション監修 CLIP STUDIO PAINT EX デジタル作画・編集モデル LC

「raytrek 旭プロダクション監修 CLIP STUDIO PAINT EX デジタル作画・編集モデル LC」は、グラフィックスに「NVIDIA Quadro K620」を搭載。CLIP STUDIO PAINT EXだけでなく、Adobe After Effectsも快適に動作し、動きの確認を行う作画監督や撮影スタッフに好適という。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-6700 (3.4GHz)、チップセットがIntel H170、メモリが32GB PC4-17000、ストレージが480GB SATA SSD + 3TB SATA HDD、グラフィックスがNVIDIA Quadro K620(CPU内蔵)、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、電源が500W 80PLUS BRONZE静音電源。OSがWindows 8.1 Pro 64bit。本構成の価格は税別179,980円から。

人気記事

一覧

新着記事

松本人志&宮根誠司、生放送でキレまくりの坂上忍に「怖い」「荒れすぎ」
[07:00 10/1] エンタメ
癒やしの水族館が恐怖の空間に! 視覚・聴覚のダブル刺激で恐怖感MAX
[07:00 10/1] 趣味
ドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」に又吉直樹が本人役で出演
[06:00 10/1] ホビー
ジャンポケ太田「品格ある王者に!」『キングオブコント』2年連続決勝へ
[06:00 10/1] エンタメ
『勇者ヨシヒコ』グッズ発売!ヨシヒコたちがTシャツやキューピー人形に
[06:00 10/1] エンタメ