ニコン、CP+2016で「D5」「D500」の撮影体験コーナーを展開

ニコンイメージングジャパンは、2月25~28日にパシフィコ横浜で開催されるカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2016」への出展内容を発表した。

ブースイメージ

ブースでは、今年1月に発表したニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「D5」や「D500」の撮影体験が行える。講師を招いてのトークイベントのほか、ニコン製品を使用した体験コンテンツも用意。展示コーナーではカメラやレンズの製品ラインナップを展示する。また、プロカメラマンによる作品が展示されたギャラリーも楽しめる。

D5(写真は「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」を装着)

D500(写真では「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」を装着)

体験コーナーではサーキットをイメージしたスロットカージオラマを用意。ニコンのカメラでスロットカーを撮影することで、動体捕捉性や連写性能を体感できる。さらに、本格的なスタジオ環境でプロのモデルを撮影できるコーナーも用意される。

CP+2016の入場料は1,500円だが、Webから事前登録を行うことで無料となる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事