ハナレグミ、是枝監督作の主題歌担当! 阿部寛のダメ中年姿映す切ない予告も

 

永積崇のソロユニット・ハナレグミが、俳優・阿部寛主演で是枝裕和監督が映画化する『海よりもまだ深く』(5月21日公開)の主題歌「深呼吸」を書き下ろし、同曲を使用した予告映像が12日、公開された。

映画『海よりもまだ深く』で良多役を務めている阿部寛のビジュアル

本作には阿部のほか、真木よう子、樹木希林らが出演。阿部は、小説家を目指すも一向に才能が開花せず、生活費のために探偵事務所に勤める男・良多役を務める。描かれるのは、そんなバツイチでギャンブル好き、夢ばかり追いかけ続けるダメ中年でありながらも、憎めない性格の良多と、母親(樹木)や元妻(真木)らとの繋がり。なお、母親が暮らす団地のシーンは、実際に是枝監督が19年間住んでいた、東京・清瀬市の旭ヶ丘団地で撮影されているという。

主題歌を手がけたハナレグミは、本編の音楽をも担当。「深呼吸」の歌詞中では、劇中で描写される"夢見た未来と少し違う今を生きる人々"の姿が投影されており、そのような人々の背中を押すような、ポジティブなムードに包まれている。ハナレグミ自身も「主人公の良多と一緒に、うつむいたり空を見上げたりしながら曲を書きました」と制作背景を明言。続けて、「『なりたい大人になれたかい?』その問いが僕の手の中にも残りそして また一つ深呼吸」と優しく語りかけるように説明した。なお、同曲は5月25日のリリースが決定している。

一方の是枝監督は、製作・プロデューサーとして参加し、ハナレグミが楽曲提供した砂田麻美監督作『エンディングノート』(11年)を振り返り、「その時から、いつか自分の監督作品で、音楽を、と考えていました」と明かしながら、「今回夢がかないました」と歓喜。さらに、録音スタジオを訪問した際を思い出して「まだテーマ曲の『深呼吸』は、ほとんど歌詞はできていませんでしたが、そのメロディーラインを一度聴いただけで、身体が震えるほど」感動したと打ち明ける。完成した曲については「映画の描いていない主人公の過去や未来をも感じさせてくれる名曲」と大絶賛。「この歌で映画が締めくくれることを本当にうれしく思っています」と感慨を示した。

予告映像では、そんな主題歌をBGMに、未練たっぷりの元夫・良多の情けない姿を披露。冒頭から元妻と、その新恋人が息子の野球観戦をしているのを遠巻きに双眼鏡で見ながら「もう…しちゃったのかな…」とつぶやく姿などダメ具合を見せつける。さえない良多の唯一の楽しみは、月に一度の息子と過ごす時間。しかし、その場面でも「そんな一生懸命に父親になろうとするんなら、何で一緒にいる時にもう少しさぁ…」と元妻に悪態をつかれてしまう。

母親とのシーンでは、団地の一角で「すいませんね…かい性なしの息子で」とその心境を自嘲して見せる良多。それに対して母親は「幸せってのはね、何かを諦めないと手にできないもんなのよ」と元気づける。終盤では、息子に「パパは何になりたかったの?」と聞かれた良多の「パパは…まだなれてない」という本音も吐露され、主題歌も相まって、感傷的な映像に仕上がっている。

メインビジュアル


(C)2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

高畑裕太容疑者の知人「みんな注意していた」- 小倉智昭、前日証言を明かす
[13:34 8/24] エンタメ
坂上忍、高畑裕太容疑者の行為「卑劣としか言いようがない」
[13:32 8/24] エンタメ
トレンドマイクロがセキュリティ動向を分析 - ランサムウェア感染が7倍に
[13:24 8/24] 企業IT
[山本耕史]「お子さん順調?」の声かけに笑顔でうなずく
[13:23 8/24] エンタメ
PowerShellをLinuxとMacにインストールする方法
[13:19 8/24] 企業IT

本音ランキング