三十路女性が実在の名店で癒される、伊藤静のグルメマンガ「三十路飯」

 

「三十路飯」

伊藤静の単行本「三十路飯」が、本日2月12日に刊行された。

「三十路飯」はヒバナ(小学館)に掲載されていたグルメマンガ。建築事務所に勤務する独身女性・高山日向は、気づいたら32歳を迎えていた。遠距離恋愛中の彼氏とうまくいかない日も、仕事で失敗した日も、いつも彼女を癒やしてくれたのは美味しいご飯だった。今作には実在する東京の名店が多数登場。店舗の詳細も記載されているので、グルメガイドとしても楽しめる。単行本には描き下ろしエピソードも登場した。

なお小学館のマンガ情報サイト・コミスンでは第1話を公開中。また単行本の発売を記念し、本編に登場する名店を紹介するコラム「みそじのごはん」が、雑誌掲載時よりボリュームアップして展開されている。気になる人はあわせてチェックしてみては。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

長友佑都が『アナザースカイ』登場 - "アモーレ宣言"後収録で今田耕司は…?
[11:37 7/1] エンタメ
【レポート】1万人ユーザーのSAPをAWSに構築したアズビル、約1億円のコストダウンの見込み
[11:30 7/1] 企業IT
BREXITの衝撃! 金融市場に平穏は戻るのか
[11:04 7/1] マネー
Astell&Kernのハイレゾプレーヤー「AK70」は7月15日発売、69,980円
[11:00 7/1] 家電
【レポート】中山優馬、引き出しの多さ・切り替えの上手さで現場をひっぱる存在に - 監督は語る
[11:00 7/1] エンタメ

本音ランキング