米Qualcomm、小型化・低消費電力化した次世代ウェアラブル用SoC

 

米Qualcommは11日(現地時間)、次世代ウェアラブルデバイス用SoC「Snapdragon Wear 2100」を発表した。

「Snapdragon Wear 2100」イメージ

次世代ウェアラブルデバイスでの利用を想定した新しいSoC(System-on-Chip)。次世代ウェアラブルデバイスにおける、常時接続や低消費電力での長時間使用といった重要な特徴をサポートするという。主にスマートフォンで採用されている現行SoC「Snapdragon 400」シリーズから約30%小型化しており、より自由な製品デザインが可能。また、消費電力もSnapdragon 400シリーズから25%低減し、バッテリ駆動時間も長くなるとする。通信はBluetoothとWi-Fiの両方を搭載するほか、4G/LTEと3Gにも対応。NFCもサポートする。

主な仕様は、下記の通り。

  • CPU:ARM Cortex A7
  • GPU:Qualcomm Adreno 304(OpenGL ES 3.0)
  • ディスプレイ出力:最大640×480ドット(60fps)
  • モデム:Snapdragon X5 LTE
  • Wi-Fi:IEEE802.11n(2.4GHz)
  • ストレージ:eMMC 4.5対応
  • メモリ:LPDDR3 400MHz対応
  • Bluetooth:Bluetooth 4.1
  • 充電:Quick Charge 2.0対応

同社は、次世代ウェアラブルデバイス用プラットフォーム「Snapdragon Wear」も同時発表した。Snapdragon Wear 2100搭載デバイスは現在開発が進められており、一般販売は2016年後半が見込まれている。

人気記事

一覧

新着記事

対話で献立を相談、ご飯とおかずを同時に作る - シャープのIoTオーブン「ヘルシオ」を使ってみた
[11:30 7/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】脱・PCメール! 「ビジネス版LINE」でキャリア認定ショップにおけるコミュニケーションの課題を解決
[11:30 7/26] 企業IT
【連載特別企画】5分でわかる! フラッシュストレージの基礎講座 第2回 キャッシュとストレージの違いは?
[11:30 7/26] 企業IT
自社運用が必須条件の西鉄グループはどのサンドボックスを選んだのか?
[11:30 7/26] 企業IT
夏休み中の男の子に着せたい! ユニクロのオススメ・キッズ夏服4選
[11:30 7/26] ライフスタイル